スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバー攻撃による影響

史上最強のサイバー攻撃で全世界のインターネット速度低下

正体不明のハッカーらによる史上最強のサイバー攻撃のため、すでに1週間以上にわたって全世界でインターネットの速度が低下しグローバルネット・サービスに支障が起きている。28日英国マスメディアが報じた。

サイバー攻撃は3月19日から始まっていたが、28日になってようやく攻撃の事実があった事が発覚した。攻撃の原因となったのはロンドンとジュネーブに根拠地を置く「スパムハウス」とオランダの「サイバーブンケル」の論争。「スパムハウス」はメールサービスのスパム対策を行い、「サバーブンケル」はサーバーへ情報の掲載サービスを行なう組織。

「スパムハウス」のスチーヴ・リンフォルド代表はBBCに対し明らかにしたところによると、サイバー攻撃の状況の究明は5カ国の治安維持機関の特務課があたっている。リンフォルド代表は、5カ国の具体的な列挙は安全上の理由からしなかった。

イタルタス通信

転載元:
史上最強のサイバー攻撃で全世界のインターネット速度低下



こういうのは正直やめてほしいね。そもそもこういった違法行為は悪い結果しか生まない。要は911と同じパターンになる。というかすでになっている。米国ではコンピューター犯罪取締法によってハッカーたちには重罪が課せられるようになった。

しかし、コンピューター取締法の真の狙いはハッカーではなく、反政府活動家、告発者、陰謀論者などを取り締まることであり、彼らを摘発し、投獄すること。これが狙い。

だから、こういったサイバー事件は、闇の権力者たちにとって都合が良いだけ。彼らにコンピューター取締法を強化する大義名分を与えることになるから。

ということで、今回の事件によって、真実の普及を目指すネット活動家にとっては、今後、厳しい状況になるのが予想される。

ところで、天才ハッカーのアーロン・シュワルツはネット規制に対する反対活動をやっていた。それで当局に狙われて、コンピューター犯罪取締法によって重罪を課せられそうになった。しかし、彼はそれを免れた。なぜなら、今年1月11日に自殺したからだ。不可解な自殺・・・


(参考)
ネット活動家のアーロン・シュワルツ氏が自殺 「米司法制度の犠牲」と家族




一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

tag : ハッカー サイバー攻撃

不食の人々(食糧危機対策)




可能なるか!?不食で生き続ける人たち 2/3

可能なるか!?不食で生き続ける人たち 3/3


(不食の人の共通項)
・日光浴1時間以上
・松果体が大きい
・メラトニンが大量分泌
・基礎代謝が低い
・腸内に窒素固定菌が大量にある

古代の人々が太陽を神様として崇拝していたのは太陽が植物を育み、食糧を作ってくれることも第一であるが、それ以外の意味、いわゆる栄養補給としての日光浴も関係がありそうだ。特に太陽と松果体の関係は興味深い。今と違って、農業技術が発達してない古代においては、飢餓などは日常茶飯事だろうから、どうやって省エネで生活するかは極めて重要であったと思う。

それにしても土まで食って生きるというのはちょっと抵抗があるな。ただ、こういった情報は、これから訪れる小氷河期での食料危機に備える上で、参考になるだろう。ということで、備忘録の意味も込めて記事にした。




ほとんど食べずに生きる人―引き算の生き方革命ほとんど食べずに生きる人―引き算の生き方革命
(2008/10/21)
柴田 年彦

商品詳細を見る






人気ブログランキングへ  

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

tag : 不食

イルミナティ・カード 5回目(意味・解釈)

4c2c8f8f385a1_58244n.jpeg

汚職

貧困国に対する救援物資は、横流しされ、ブラックマーケットで売られる。




antiwar_activists.jpg

反戦活動

一国の軍事力を否定し、全ての問題は国連(NWO)に委任させる。




air_magic2.jpg

風の魔術

「風を制するモリヤ」とはイルミナティの別名。風=メディア。




back_to_the_drawing_board.jpeg

実験失敗

映画「ザ・フライ」を参照。テレポートが失敗し、溶けてしまった。




bribery.jpg

賄賂(裏取引)

典型的事例が某機関による核密売。規制する側が裏では密売で大儲け。




cover_of_darkness.jpeg

闇に紛れる

某機関が裏でやってること。自作自演テロなど。




eliza.jpg

エリザ(人工知能)

人工知能が人間と同じ感情を持ち、暴走することを予告。




crop_circles.jpg

ミステリーサークル

真夜中に古代秘儀を行った跡。ルーン魔術。宇宙人の仕業ではない。




Illuminati_Assassins_EveryYearIsWorse.jpeg

毎年毎年悪くなっていく

下劣な本や情報の氾濫。不正・汚職の氾濫。保守伝統の崩壊。劣悪な子供の増加。




library_at_alexandria.jpg

アレクサンドリア図書館

焼けたといわれているが、実在している。バチカンの地下に眠っている。




imagesCAJFFIL7.jpeg

MTV

中身がない番組。愚民化政策。




Illuminati_Assassins_HubbleTrouble.jpeg

ハッブルトラブル

素人の誰かがミサイル飛ばしてハッブルを破壊。




lawyers.jpg

弁護士

金儲けの餓鬼と化した現在の弁護士集団。上記の人物はクラーク・クリフォード。




mercenaries.jpg

傭兵

米国でお馴染みの傭兵部隊。民間会社の傭兵部隊が実戦に投入されている。




orbital_mind_control_lasers.jpeg

マインドコントロール

軍事衛星から照射されるビームで、マインドコントロール。




NWO-political_correctness.jpg

保守派の最後

保守・伝統を重んじる共和党は、NWOにおいてはこうなる。




rosicrucians.jpg

薔薇十字団

バラと十字架は精神と体を意味する。イシス崇拝。




orgone_grinder.jpg

オルゴン

オルゴン兵器は地震兵器としても使用可能。オカルト兵器。




secrets_man_was_not_meant_to_know.jpg

知ってはいけない様々な秘密

秘密(フォース)を知ることができるのは一部の特権階級のみ。他には教えない。




SMOF.jpg

Secret master of fundam

ラッシュ・リンボー&ロン・ポールはイルミのエージェント(マスター)。




suicide_squad.jpg

自殺志願者

若者を次々と戦場へ送り込み、死んでもらう。戦争による人口削減計画。
 



video_games.jpg

ビデオゲーム

近未来戦争(無人兵器)に備えて、ビデオゲームで子供達を訓練する。




GOAL-earth_first.jpg

地球第一主義

工業社会を破壊し、資源の食い潰しを防ぐ。脱工業化社会を目指す。





(まとめ)

Illuminati card game 5回目(意味・解釈)

Iluminati card game 4回目(意味・解釈)

Illuminati card game 3回目(意味・解釈)

Illuminati card game 2回目(意味・解釈)

Illuminati card game 1回目(意味・解釈)





The Inwo Book: Being a Compendium of Lore, Lies, Damned Lies and Statistics Concerning the New World Order of the Illuminated MastersThe Inwo Book: Being a Compendium of Lore, Lies, Damned Lies and Statistics Concerning the New World Order of the Illuminated Masters
(1995/05)
Steve Jackson

商品詳細を見る


テーマ : 予言に関するもの
ジャンル :

tag : Illuminati イルミナティカード

ガスパイプラインが原因だったシリア内乱

islamic-pipeline.jpg

イスラム・パイプライン



◆イスラム・パイプライン

2011年1月、イラン、イラク、シリアがイラン産(サウスパースガス田)の天然ガスを西へ運ぶため、イラン・イラク・シリアを通るイスラム・パイプライン建設に合意した。上記がそのラインである。このラインはイラン産のガスが、イラン⇒イラク⇒シリア⇒レバノン南部⇒地中海⇒ギリシャ(ヨーロッパ)へと東西に伸びるパイプラインである。もし、このパイプラインがヨーロッパに繋がると、イラン、イラク、シリアがヨーロッパのガス供給を握ることになり、反イスラエルのイラン・シリアがヨーロッパに影響力を持つようになる。これはイランの脅威を取り除きたいイスラエルにとって極めてよろしくない。



◆カタール・パイプライン(南北)VSイスラム・パイプライン(東西)

イスラエルにとってイランの脅威もあるのだが、実はシリアにも原因があった。実はシリアを通るパイプラインには、イスラム・パイプライン(東西)以外にもカタールを起点とするパイプライン(南北)も計画されていた。このカタールを起点とするガスパイプラインは、カタール⇒サウジ⇒ヨルダン⇒シリア⇒トルコ⇒ヨーロッパへと繋がるパイプラインであった。

天然ガスをロシア供給に頼らざる得ないヨーロッパ諸国にとって、カタールの天然ガスはロシアの影響から脱することに繋がるもので、ヨーロッパとしても、そのガスパイプライン施設は大賛成であった。

しかし、シリアはカタール起点のパイプライン施設を拒否した。そして、イスラム・パイプラインを選択した。これはヨーロッパ諸国にとっては痛い。



ノースフィールドガス田

ノースフィールドガス田


ところで、イラン産のサウスパースガス田はペルシャ湾にあり、カタール産のノースフィールドガス田と同地域に存在している。サウスパースはイランが管理し、ノースフィールドはカタールが管理している。この海域には莫大な天然ガス資源がある。ちなみに2007年カタールはノースフィールドガス田を使ってドルフィン・ガスパイプラインを稼動させている。これはカタールからアブダビ・UAE・オマーンなどの隣国に繋がるパイプラインである。


ドルフィンガスパイプライン

ドルフィン・ガスパイプライン


これとは別にカタールでは、もう一つのパイプラインが計画されていた。それが上述のノースフィールドガス田(カタール)⇒サウジ⇒シリア⇒トルコ⇒ヨーロッパへ繋がる南北のパイプラインである。このラインが施設され、稼動すれば、カタールは大儲けできるし、パイプラインが通るヨルダン、トルコも恩恵を受ける。トルコは密かに中東の覇権を狙っているから、このパイプラインは外交手段としても使える。

ヨルダン、サウジ、カタール、トルコの利害は一致していた。あとはシリアだけであった。しかし、イスラエルと対立するイランを擁護するシリアは、欧米派に属するトルコ、ヨルダン、カタール、サウジに協力せず、カタール・パイプラインを拒否した。そして、イラン産(サウスパースガス田)のイスラム・パイプラインを選択した。

これにはカタールにとってもヨルダン、トルコにとっても大打撃である。そこで、カタールのガスパイプライン計画を推進したいアラブ諸国(カタール、ヨルダン、トルコ)はシリアで内乱を起こし、アサド政権を打倒することを画策した。そして、シリア内乱を起こした。

今回のシリア内乱において、カタールはシリアの反政府軍に武器提供を行い、ヨルダンは自国内で、自由シリア軍兵士の戦闘訓練まで施している。そして、シリアのアサドを倒すべく、イラン・イラクを除くシリア周辺のアラブ諸国は一致団結している。




◆代理戦争(シリア内乱)

シリア内乱における「アサド軍」VS「反政府軍」の戦いは、ガスパイプラインの建設に絡むエネルギー利権争奪戦であり、イラン(背後はロシア)のエネルギー利権が勝つか、アラブ(背後は欧米)のエネルギー利権が勝つかの重要な戦いとなっている。このことから、シリア内乱は、自由解放運動でも何でもない。これは欧米VS露イランによるシリアを舞台にした覇権争いであり、その初戦である。

もし、この戦いでアサドが倒れれば、カタールのガスパイプラインが通り、これによりヨーロッパはエネルギー的にロシアのガス供給から脱する機会を得る。そして、NATOはロシアを追い込むことができる。

逆にシリアの反政府軍が壊滅し、アサド軍が勝てば、イスラム・パイプラインが施設される方向へと進む。これはヨーロッパが、ロシアのみならず、イランにもエネルギー供給を握られることを意味し、ヨーロッパはロシアやイランに対して極めて不利な立場となる。現状、シリア内乱においてはアサド軍が圧倒的に優勢であり、反政府軍は追い込まれている。だから、ヨーロッパとしても何とか阻止したいはず。そうなると次にヨーロッパが打つ手は一つしかなく、NATO軍を動かしてアサド政権を倒すことである。それ以外に道はない。

このようなことから、シリア内乱は単なる小国の内乱ではなく、ゴクとマゴクの代理戦争であり、今後の戦局を左右する重要なポイントとなる。



(参考情報)


「イスラーム・パイプライン」敷設へ:ヨーロッパ向けイラン産天然ガスの新輸出ルートに関し合意

Syria, Turkey, Israel and the Greater Middle East Energy War




世界石油戦争―燃えあがる歴史のパイプライン世界石油戦争―燃えあがる歴史のパイプライン
(2002/06)
広瀬 隆

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ  

テーマ : 中東
ジャンル : 海外情報

tag : 天然ガス シリア パイプライン

反米大統領が次々と癌発症!!

imagesCAJY81ZF.jpg 
ウゴ・チャベス(ベネズエラ大統領)
2013年3月5日 骨髄癌で死亡


ウゴ・チャベスは南米各国の大統領を反米連合として纏め上げようとしていた人物で、反米連合の急先鋒であった。そのチャベスが突如、癌を煩い、癌と闘病すること2年、遂に力尽きて亡くなった。実は、ここ数年の間に、南米各国の反米大統領もチャベスと同じく癌やリンパ腫などの重い病気にかかっている。中には心臓発作で死んだ者もいる。





アルゼンチン大統領 
クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル (アルゼンチン大統領)
2011年12月 甲状腺癌



200px-NestorKirchner.jpg 
ネストル・キルチネル (アルゼンチン前大統領)
2010年10月27日 心臓発作で死亡



200px-Fernando_Lugo.jpg
フェルナンド・ルゴ (パラグアイ大統領)
2010年8月 悪性リンパ腫




200px-Dilma_Rousseff_-_foto_oficial_2011-01-09.jpg 
ジルマ・ルセフ(ブラジル大統領)
2009年5月 悪性リンパ腫



ルーラ前大統領 
ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ(ブラジル前大統領)
2011年10月 甲状腺癌




これは偶然ではないだろう。すでに癌を引き起こす癌発生兵器が開発されており、それが実戦投入されていると見るべきだ。毒殺と違って、癌による攻撃なので暗殺とはわかりにくい。

ではどんな方法によって標的に癌を引き起こすのか?それは謎。ただ、これはオカルト的意見であるが、
ラジオニクス装置を使用したのではないかと思われる。ラジオニクス装置の兵器バージョンが存在するのかも知れない。あくまで憶測であるが。



 (参考)

チャベス大統領、相次ぐ南米首脳のがん「米の陰謀」

2011/12/29 7:43

【サンパウロ=檀上誠】ベネズエラのチャベス大統領は28日、同国軍の式典で演説し、自身を含む南米の首脳が次々とがんを患っている背後に米国の陰謀があるとの見方を披露した。「確率論的に考えて非常に不可解」とした上で、1940年代に米研究者が中米グアテマラで行った人体実験を引き合いに出し、「既に、がんを引き起こす技術が開発されていると考えるのはおかしいか?」とした。

 南米では27日、アルゼンチンのフェルナンデス大統領が甲状腺がんを公表。来月4日に摘出手術を受ける。今年はチャベス大統領とブラジルのルラ前大統領も相次いで摘出手術や化学治療を受けた。また09年以後、ブラジルのルセフ官房長官(現大統領)、パラグアイのルゴ大統領も治療を受けた。

 いずれも左派系であることが陰謀説の根拠らしく、同じく左派のコレア・エクアドル大統領、モラレス・ボリビア大統領にも「気をつけた方がいい」と呼びかけた。

 またチャベス大統領は「がん克服首脳会議」の開催を提案。「フェルナンデス大統領の参加を待っている」と励ました。一方、一連の発言の後には「誰かを責めるつもりは無く、考えを述べたまで」とも発言。どこまで本気で陰謀説を唱えているかは不明だ。

転載元:
チャベス大統領、相次ぐ南米首脳のがん「米の陰謀」






闇の支配者に握り潰された世界を救う技術闇の支配者に握り潰された世界を救う技術
(2009/04/23)
ベンジャミン フルフォード

商品詳細を見る


テーマ :
ジャンル : 心と身体

tag : ベネズエラ がん チャベス

ねじめびわ茶
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト