スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「抗がん剤」ではガンを治せない (船瀬俊介)

「猛毒抗がん剤」ではがんを治せない

『日本の真相!』船瀬俊介著より

2005年のことだ。私は抗がん剤を告発する著書の取材で、忘れられないほどの衝撃を受けた。厚生労働省に電話取材したときのことだ。

「抗がん剤って、がんを治せるのですか?」

電話口に出たK技官(あえて実名は秘す)は、私の質問にこう答えた。

「抗がん剤ががんを治せないのは周知の事実です」

私はあまりにも驚いて、一瞬、言葉を失った。

「抗がん剤は毒物だとも、私は聞いたのですが?」

「大変な猛毒物質です」。

これも、実にあっさりと答えた。私は絶句しながらも、「がんを治せないのに、そんな猛毒物質をがん患者に打っているのですか?」

「そのとおりです」

「猛毒だったら、患者さんは死んじゃうじゃないですか?」

するとK技官は、少し声を落としてこう答えた。

「そういう方が大勢いらっしゃるんですよね……」

これではもはや治療ではない。たんなる“毒殺”じゃないか! 気を取りなおして、私はさらに聞いた。

「抗がん剤には発がん性があるとか?」

「大変な発がん物質です」と、K技官はきっぱり言い切った。

「ええっ、がん患者に強烈な発がん物質を打っているの! それでは、新しいがんが発生してしまうのでは?」

「そういう方が大勢いらっしゃる……」

抗がん剤担当のK技官が、あまりに平然と答えるのに驚愕した。“かれら”にとっては、以上の事実は、当たり前のことなのだ。

ここまで読んだ読者は、息が止まるほど驚いたにちがいない。

「そのような猛毒を、なぜ衰弱したがん患者に打つのだ!」

私は取材というより怒りの声で怒鳴りつけた。さらに、「そんな猛毒が、なんでクスリに化けるのだ!」と問いただした。

すると、K技官の説明では「抗がん剤を投与すると、10人に1人くらいに腫瘍縮小がみられるんです」という。それを“効いた”と判断して医薬品(抗がん剤)認可するのだという。

10人のうち残りの9人のがん腫瘍はピクリとも変化しない。それでも「効能あり」とする、わが国の薬の認可制に唖然とする。悪辣なペテンというしかない。それも、観察期間は投与後わずか「4週間以内」だという。

「アンタの寿命は4週間か!」。私は思わず怒鳴りつけていた。







抗がん剤はすでに大量殺戮兵器といっても過言ではない。猛毒物質を体内にぶち込み、体細胞を破壊するのだから。それが証拠に医療関係者による「抗がん剤の取り扱い」は、抗がん剤が体に触れないよう防護服を着て厳重管理の下、取り扱っている。そんな猛毒な薬を患者にぶち込むのだから、死んで当然である。

(参考)
案外知られていない抗がん剤の取り扱い


しかも、

「癌検診で見つかる癌は癌ではない」(近藤誠医師)

さらに、癌の定義も曖昧で、悪性か良性かは・・・

医者の気分で決めていた!!

もう、驚きを通り越して呆れかえる。




抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)
(2013/10/10)
近藤 誠

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 抗がん剤

案外知られていない抗がん剤の取り扱い


img184_1582.jpeg
抗がん剤の取り扱い


案外知られていない抗がん剤の取り扱い注意⑤

抗がん剤はガン細胞だけでなく正常細胞にも毒性があり、安全に取り扱うことが重要です。医師、薬剤師、看護師それぞれ抗がん剤の被爆の危険を回避しなければなりません。

抗がん剤は細胞毒性という性質があります。抗がん剤は細胞のDNAを傷害する、あるいは細胞の分裂を阻害することによって細胞を殺すという薬物です。これはがん細胞だけでなく正常細胞にも同じ作用を及ぼします。正常細胞はがん細胞に比べて、細胞毒性作用を受けにくいこと、障害を修復する能力が高いことなど、がん細胞と正常細胞では抗がん剤による影響に差があります。この差によってがん化学療法は成立します。

《抗がん剤被爆による人体への障害》
流産、低体重時の出産、先天性奇形など
低レベルでも繰り返し被爆することで、潜在的なリスクがあります。


《被爆の主要経路》
・調剤あるいは患者に使用した注射針を皮膚に穿刺した場合
・薬剤の取りこぼしやエアー抜き、チューブ交換時などのしぶき・はねによる皮膚・粘膜への直接付着
・アンプルカット・バイアル瓶から注射針を抜くときに、エアゾル化した薬液あるいは抗がん剤が揮発した空気を吸入
・調整室内における飲食物の摂取


《ガイドライン》
薬剤師の被爆予防として1991年抗悪性腫瘍剤の院内取り扱い方針、1995年に細胞毒性医薬品の取り扱いマニュアルが作成され抗がん剤を注意度別にABCにランク分けし、危険性の判断基準としています。
日本看護協会ではH16年『抗がん剤に関する対策』が示されています。

(対策)
・被爆と拡散を避け、抗がん剤の人体への侵入を予防します。
・防護します。直接触れることを避けるため、長袖のディスポーザルガウン、手袋、シールド付マスク、ゴーグル、防止を着用する。キャビネット内が陰圧になるような吸気・排気構造になっている中での調整が不可欠です。
・調剤の前後には十分な手洗い・うがいを行う
・バイアルの内圧の上昇に注意しエア針は使用しない。
・廃棄物の処理は密閉できる容器を使用する。感染性医療廃棄物と同様に取り扱う場合が多い。

(もしもの時の対策)
・抗がん剤が皮膚に付着した場合
 速やかに流水と石鹸で洗い流す。(石鹸は抗がん剤を中和する働きがあります。)スキントラブルが生じた場合は皮膚科を受診する
・抗がん剤が目に入った場合
 直ちに流水で十分に洗い流す。眼科を受診する。
・抗がん剤をこぼした場合
 手袋を着用し、汚染部位が拡大しないようにペーパータオルで拭き取り、さらにアルコール綿でふき取る

(注意)
・投与後の物品は感染性医療廃棄物と同様に扱う
・抗がん剤を投与された患者の排泄物、48時間以内の血液、吐物、分泌物は安全に取り扱う

転載元:案外知られていない抗がん剤の取り扱い注意



抗がん剤を投与した癌患者の排泄物ですら毒物扱いである。抗がん剤が非常に危険な毒物であるから、そういう扱いをするわけで、抗がん剤が、いかに危険かは、これでわかる。




抗がん剤は効かない抗がん剤は効かない
(2011/05)
近藤 誠

商品詳細を見る


テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 抗がん剤 ガン

筋肉をきたえれば、長寿遺伝子「オン」で若返る

『長生きしたければ、食べてはいけない!? 』船瀬俊介著より  
 
■ 筋肉をきたえれば、長寿遺伝子「オン」で若返る
 
●運動で長寿遺伝子AMPKがオン
 
「カロリー制限」のほかにも長寿遺伝子をオンにする方法がある。それが「運動」である。たとえばAMPKという長寿遺伝子は運動することでオンになることが証明された。筋肉が収縮すると長寿遺伝子AMPKはオンになり活性化する。
 
それならフルマラソンをすればいいか? これは難しい。過度の運動は活性酸素を取り入れ過ぎて、逆に老化を加速してしまうからだ。プロスポーツ選手は10歳くらい早死にするといわれている。適度な運動にも個人差はあるが、やりすぎは禁物だ。
 
筋肉を動かすと筋肉から一種の生命活性物質が分泌されることが、最近の研究でわかっている。その数は30種類ほど。マイオカインと総称されている。一種のホルモン様物質、わかりやすくいえば筋肉ホルモン。それは、老化防止、若返り、演繹向上・・・・・・などプラス作用を発揮する。間違いなく、その発現には長寿遺伝子AMPKも作用しているはずだ。
 
 
●若返りホルモンは25歳から激減
 
筋肉強化による若返り法を実践している医師がいる。春山茂雄医師(医学博士)である。氏はかつて400万部という驚異的な売り上げを記録したベストセラー『脳内革命』の著者として有名だ。

講演を聴いて驚いた。もう70歳というのに神は黒々、肌の針も若々しく、どうみても40歳くらいにしか見えない。春山医師によれば、老化の大きな原因は「成長ホルモン」の血中濃度の低下という。なるほど、その濃度は25歳を頂点に激減していく。だから「成長ホルモンの減少を防げば、老化が防げる」と言う。

その働きの一つは燃えない脂肪を燃える脂肪に変えること。脂肪からは”脂肪毒“という毒素が排出されており、それが老化やさまざまな疾病を引き起こすのです」。 だから「燃える」脂肪」変えれば”脂肪毒”も燃えてなくなる。
 
肥満体のひとは、全身に“毒素”をためこんでいることになる。運動で筋肉を鍛えることは、結果として「毒素脂肪」を減らすことにつながる。

転載元:
「長生き」したければ、食べてはいけない!?



haruyama.jpeg
春山茂雄医師(73歳)


若いな。73歳でこの若さ。これは凄い!!

それにしても筋肉運動に若返り効果があるというのは驚きだ。

早速、実践してみよう。



(参考)

骨格筋から分泌される生活性因子(マイオカイン)の探索
http://www.comp.tmu.ac.jp/muscle/Kenkyuugaiyou-detail1.html




「長生き」したければ、食べてはいけない!?「長生き」したければ、食べてはいけない!?
(2011/01/29)
船瀬 俊介

商品詳細を見る



テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

tag : マイオカイン 若返りホルモン

電子レンジの恐怖

どうやら電子レンジはヤバイ代物のようだ。我々の生活に潜むトラップ、それが「電子レンジ」。レンジでチンすると、なんとチンされた食品が毒物兵器になるとのこと。ほとんど都市伝説みたいな話だが、「信じるも信じないもあなた次第」なんて言ってられない。レンジでチンチンしまくると、食品の中に含まれる栄養素が破壊されるばかりか、特別な構造を持つ化合物が生じる。それが発ガン性物質となり、人体に悪影響を及ぼす。

もちろんこんなネタはマスコミは取り上げない。取り上げたマスコミはレンジでチンを製造している業者、業者というより電気業界に潰されるだろう。それほど痛いネタが電子レンジには隠されていた。レンジでチンするとウマイものがマズくなるのは誰でも知ってるが、それだけじゃなかった。

この真相を知っていた旧ソ連では「電子レンジ」は使用禁止だった。旧ソ連は怖い国だが、資本主義国家と違って社会主義国だから、資本家の言いなりにはならず、国民の健康を考えることができた。そういう意味では社会主義国も悪くはない。


電子レンジの危険性③遺伝子の損傷

ラップ材や紙皿からも発ガン性の有害物質が放出され、食品に混入していきます。水でさえも「チン」されると、分子構造が変えられてしまうため、この水で穀物を発芽させようとしても穀物は発芽しません。栄養が失われるばかりか、電子レンジの電磁波は食品の中に放射線分解化合物と呼ばれる、自然界には見られない異常な核融合物質を形成します。この物質が私たちの細胞の遺伝子に与える影響が、どのようにあらわれるかはまだわかっていません。 細胞や遺伝子が破壊されることによって異常な組織に変性してそれが、健康的によいか悪いかは、科学的なデータはありません。これは、あるセミナーにでて聞いた話ですが、マウスに電子レンジでつくった食品を与え続けたところ、がんになる確率が高くなったということです

私たちは電子レンジが引き起こす害について人体実験を行っているようなものですが、業界のロビー活動(利益を誘導するため、政党、議員、官僚に働きかける事)が盛んなために、政府は取り締まれない状況にあります。私たちは自分の健康は自分で守らねばなりません。  

電子レンジの害について、政府はあなたの健康を守るために正しい情報をコクミンに提供するようなことはしてくれないのです。利便性と、自分や家族の健康のどちらを優先するか、消費者である私たちは、主体性をもって考えるべきです。食品を加熱するときは、軽く蒸す、または弱火にかけた鍋の中で煮込むなどの方法がベストです。ちなみに、ゆでるとゆで汁の中に栄養が失われてしまいます。

転載元:ライフサポートクラブ




ランセット誌1989年12月9日号に掲載されたリタ・リー博士の論文
・乳児用ミルクを電子レンジ加熱すると、ある特定のトランスアミノ酸が合成シス異性体に変化した。さらに、Lプロリンというアミノ酸の一種は、神経毒性と腎毒性があることで知られるD異性体に変化した。

1991年スイスの科学者ヘルテルが臨床実験。
・電子レンジ料理を食べたあとに測定された血液検査の結果、貧血と同じ症状を示す。
・白血球は電子レンジ料理を食べたあと顕著な増加。血液に異常な変化をもたらす事が確認された。
・電子レンジ解凍生野菜を食べたあとでは、コレステロールが著しく増加。

1991年ロシアのリタ・リー博士の臨床実験結果
・電子レンジ調理をした肉に、Dニトロソディンタノラミンという発がん性物質が発生した。
・電子レンジ調理された牛乳と穀物シリアルのアミノ酸の一部が、発がん性物質に変化した。
・電子レンジで解凍した果物に含まれるグルコンドとガラクトシドが、発がん性物質に変化した。
・生野菜、調理済野菜、冷凍野菜に短時間強いマイクロ波を照射したところ、植物性アルカロイドが発がん性物質に変化した。
・実験された全ての食べ物の食品としての価値(ビタミンB複合体、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル)が60%から90%低下することにつながる構造上の劣化現象が、顕著に見られた。

転載元:電子レンジにさようなら




電子レンジは直ぐ使用中止に!「白血球増多症の重病に」 

「医食住の怖~い話 船瀬俊介氏著より」

電子レンジで調理された食べものは、はっきりと白血球を増加させる、これはマイクロ波による発生、"物質"を摂取したことによる。(ヘルケル博士)

この白血球増多症は血液学者のいう重病です。
マイクロ波を浴びた食品が活性酸素を発生させるのは、つぎのメカニズムです。

「傷ついた細胞はウィルス、最近、微生物などの餌食になる。細胞修復機能は抑圧されており緊急に直面した植物細胞は、有酸素呼吸から無酸素呼吸に変化する。有酸素呼吸では水と二酸化炭素を排出するが、無酸素呼吸では"毒"となる過酸化水素水と二酸化炭素を生じる。活性酸素は、もろに発ガン物質。さらにマイクロ波は、放射性化合物と呼ばれる新しい混合物を生じる。それは、自然界に存在しない融合物です」

こうして電子レンジでチンした食べ物は恐ろしい"毒"まみれの食品に変化するのです。

転載元:「最新」育毛発毛アドバイス Dr.伊藤の薄毛・脱毛症対策 



とはいっても生活に欠かせない電子レンジ。どんな電子レンジ有害論をいわれても、やはり私は電子レンジを使ってしまう。そんな貴女にお勧めなのが以下の本。


簡単!1人分・電子レンジレシピ―ムダなく、手早く、いつものおかず簡単!1人分・電子レンジレシピ―ムダなく、手早く、いつものおかず
(2004/11/10)
村上 祥子

商品詳細を見る


テーマ : うっそだぁ〜
ジャンル :

tag : 電子レンジ

大衆消費社会という病気

電通PRの戦略十訓

1.もっと使わせろ
2.捨てさせろ
3.無駄使いさせろ
4.季節を忘れさせろ
5.贈り物をさせろ
6.組み合わせで買わせろ
7.きっかけを投じろ
8.流行遅れにさせろ
9.気安く買わせろ
10.混乱をつくり出せ


転載元:電通(ウィキ)



これを知ったとき、衝撃が走った。現代社会の本質的病気がここに表れているからだ。現代社会の病気とは、大衆消費社会=大量消費である。

次々と製品が生産され、それを売りさばき、大衆に消費させる。それをやらないと経済が回らない。経済をまわすために、永久に大衆に商品を買わせ、消費させる。

経済とは、本来「経世済民」でなければらなず、「世を経済(おさ)め、民を済(すく)う」ものでなければならない。需要があるところに供給するのが経済であるが、今の経済は、供給の度を超えており、過剰供給状態になっている。だから、供給側は商品寿命を短くしたり、使い捨てする商品を作ったりして、即座に次の商品を買わせる仕組みを構築して需要を失わないようにしてきた。そのようにしながら大衆消費社会、経済そのものを維持してきた。

GDPが云々、株価が云々、収益が云々・・・これらはすべて大衆消費社会が前提に成り立っているものである。この大衆消費社会がいかに狂っているか。それに気付いていない人が多い。


《マスメディアの実態》

一般大衆に大量の商品を消費させるために重要な機能を果たしてきた機関が存在する。それが電通に代表されるマスメディアである。例えばテレビではいろいろなCMが流れる。雑誌には多くの商品広告が掲載される。マスメディアが消費社会を煽ってきたのは事実であり、マスメディアの本質は「広告媒体」である。

だから、マスメディアが劣化したともいえる。TVや新聞が決して社会の本質的問題を追及しないのは、当然のことながら、これらが広告媒体機関であり、社会悪を追求する機関ではないからだ。金の出所がスポンサー企業(大企業)である以上、メディアが社会悪に立ち向かうことは決してない。

逆にメディアが社会悪を追求し、例えば企業叩きをやれば、それはスポンサーに対する裏切り行為となり、即座に資金難に陥り、潰れてしまうだろう。ゆえにメディアに「真実の報道」を要求するのは、「お前ら自殺しろ!」と言ってるようなもので、それは「酷」である。

メディアが社会悪を追求しない以上、社会に自浄作用は働かない。もともと現代社会に自浄作用など存在しないが、最近、新たな動き、自浄作用となる動きが出てきている。それは新しいメディアであるインターネットである。特にブロガーが社会の自浄作用として機能し始めている。ブロガーにはスポンサーがいない。スポンサーがいないから、書きたいことが書ける。誰の気兼ねも無く書ける。当然、それを良しとしない勢力もおり、その勢力はネットの封じ込めを画策している。特に米国ではロックフェラーなど旧寡頭勢力がネット封じ込めの動きに出ている。日本においても、徐々にではあるが、その動きが起こっている。秘密保全法もその動きの一つだろう。



《一般大衆は大衆消費社会の奴隷》

消費社会の問題についてだが、一般大衆は、メディアの洗脳によって欲望を刺激され、大量の商品を購入するように仕向けられている。メディアに踊らされ、洗脳された大衆は、商品を次々と買うように、借金してでも買うように仕向けられている。

単なるバッグでも何万円も何十万円もするのにブランドだからといって、大金を投じて買う人がいる。異常としか思えない。そこに実用性や利便性がないにも関わらず、それを買う。これがいかに狂っていることか・・・

また、「カッコいい」「ステキ」という気分的感情だけで、大金を投じて商品を買う。そこに実用性や利便性がないにも関わらず。これがいかに狂っていることか・・・

私のある知人(女性)は「うつ病」だった。その女性はブランド品を買わないといられない。買わないと自分の心が満たされない。うつ病だから、毎日薬を飲んでいるのだが、薬が効かないときはブランド品を買う。彼女にとって、それが最も精神を落ち着かせる方法だった。当人もそれを自覚しており、心の充足感を得るために、毎度毎度高いブランド品を買う。完全にイカレている。

大衆消費社会が、こういう人間を造ったといえる。現代病の筆頭に上げられる「うつ病」は、大衆消費社会の副産物ではないか?

そもそも商品を買うために我々は日夜労働している。我々の労働は「商品を製造する工場に勤めて賃金をもらう」こと。働いて得た給与が、商品を購入する資金に回る。そして、また働いて金を稼ぐ。そして、また商品を購入する。その繰り返しである。一般大衆は「労働する⇒消費する⇒労働する⇒消費する・・・」の繰り返しであり、自分で作って自分で消費する。

このカラクリに何の疑問も思わない人は幸せだ。大衆消費社会の奴隷だと気付いてないのだから。洗脳された状態で何の不満もないのだから。




電通 洗脳広告代理店電通 洗脳広告代理店
(2012/02/14)
苫米地英人

商品詳細を見る


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 大衆消費社会 電通

ねじめびわ茶
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト