スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不食の人々(太陽凝視の行)

太陽を食べる男 NASAが研究へ


sun_eater.jpg



【AFP】8年間、水分と日光だけで生きていると主張するインドのヒラ・ラタン・マネク氏(64・写真)がこの度NASAに招待され、彼がどのようにしてそれを成し遂げているかを紹介することになったとのこと。氏はケララ南部に在住する機械エンジニアで、1992年から断食を開始し、1995年にヒマラヤに巡礼に出かけた帰り道から断食をスタートしたという。彼の妻Vimlaさんは「彼は毎朝必ず太陽をまばたきせずに一時間ほど凝視するの。それが彼の主食なのよ。たまにコーヒー、お茶とか水分を取りながらね。」と話している。そして昨年6月、米科学者らは氏が確かに130日間日光と水分だけで生きていることを確認し、科学者らはこの現象を氏の名前にちなんで"HRM現象"と名づけている。NASAは氏のもつ特異な才能が宇宙探索における食料保存の問題に何かしらヒントを与えるのではと期待しているという。

【追記】日光研究者にしてと機械エンジニアのヒラ・ラタン・マネク氏(66)が411日間に渡る完全な断食を成功させ、科学者らを驚かせている。氏は1995年から96年にかけ、211日間を水のみで過ごし、その後2000年から翌年にかけてはインド医療協会(IMA)の21人の医師らによる24時間監視体制の下で411日間、そして2001年には氏の能力に興味を示したアメリカ航空宇宙局(NASA)からの招聘を受けて米国に赴き、科学者らの前で130日間の断食に成功しているのである。

マネク氏によれば、氏は本来人間が食物から得るべきエネルギーは、全て日光から得ているという。そして現在、氏のこうした能力は科学者らによって"HRM現象"と名づけられ、研究が行われている。

「マネク氏の脳を活性化させた状態でスキャンを行いましたが、脳神経は非常に活発で、通常50歳代の男性に見られるような松果体の収縮が見られませんでした。また通常、その年代の松果体の平均的な大きさは6mm x 6mm程ですが、マネク氏の場合は8mm x 11mm程もあったんです。」氏を研究している科学者はそう語っている。

マネク氏によれば、日光から得られるエネルギーが氏から心身の疾病を遠ざけ、幸福と活力を与えているとし、この方法においては人は決して意識的な断食を行うのではなく、日光エネルギーによって空腹が遠ざけられるため、むしろ結果的に断食を行う形になる、と説明している。

「この方法は人間が本来持っている力を目覚めさせ、脳を快活にさせます。実際、歴史上には多くの不食の人々がいます。また実際に英国の王立医学院は日光が人間に理想的なエネルギーを提供するということを発表したこともあります。また実際の断食に当たっては、ジャイナ教、そしてヒンドゥー教の古い聖典を参考にしています。今日、我々は日光の悪影響ばかりに注目し、それをあたかも敵であるかのように避けようとしています。しかし、実際のところ人間の様々な困難は日光エネルギーの不足によるものが多いんです。太陽からエネルギーを得るのは簡単です。太陽をしっかりと凝視して、そのエネルギーを脳に直接送り込むんです。目はいわばエネルギーを得る口となるわけです。」マネク氏は語った。

そして現在、氏はさらにそうした手法を洗練させ、今では地球に吸収された日光のエネルギーを地面からも得ているという。「裸足で外を歩くことが、目から日光を得ることの助けになります。これはまた体内の諸所の内分泌活動と、特に松果体、言われるところの「第三の目」の活動を助ける役目を果たします。それから日光を見ることは早朝、そして夕方がよろしいでしょう。夜明け、そして夕暮れのそれぞれ一時間前くらいが丁度いいと思いますね。それに日光をただ見るだけでも人間はビタミンAとDを得ることが出来ます。」

マネク氏によれば、現在世界中には3000人程の日光を食べる人々が存在するという。「彼らは世界中にいますが、これはかつて、遠い昔に失われた科学の再生です。食物を必要としない、新たな食事です。本来この手法はかつて精神的な修行の一部として行われていましたが、これは全く科学的な手法なんです。誰にだって行うことが出来るものです。」

そして彼はその言に違うことなく、米国のジェファーソン大学、そしてNASAの科学者らの前で見事にその手法を実践してみせたのである。現在、世界には65億とも言われる人口がひしめき、食料の枯渇は深刻化するばかりである。

「太陽を食べること」 - それは人類を救う究極の手段となりえるのだろうか。

転載元:
太陽を食べる男 NASAが研究へ




(参考:可能なるか!?不食で生き続ける人たち)








断食をやった人ならばわかることだが、数日間の断食は体調を悪くする。具体的には、貧血気味になり、ちょっと歩いただけで、心臓はバクバクして、汗もダラダラ出てきて、とても仕事ができるような状態ではなくなる。いわゆる栄養失調、カロリー不足で体調不良に陥る。カロリー不足で思考力も低下するから頭脳労働は無理。

そこで、完全な断食ではなく、1日1食法を実践する人も多い。1日1食法は実践すればわかるが、最初の1か月は辛い。腹が減ってしょうがない。ただし、1か月以上続けると、結構、慣れる。だから、断食初心者には1日1食法がベスト。こちらの方が無理なく実践できる。栄養失調になる心配もない。

ただし、やってみるとわかるが、1日1回の食事を摂る時間が、非常に重要だと気づく。1回の食事を朝に摂るのか、昼に摂るのか、夜に摂るのか、それによって、体調は変わるのだ。

特に大事なのは、朝に食事を取ることだろう。朝に食事を摂取した方が、精神や身体の気も充実する。物質的な幸福をもたらすと実感した。逆に夜に取ると、霊的な感覚が強くなり、闇に支配される。

午前中に取る食事と夜に取る食事は全く食事の質(エネルギー)が違うことがわかった。午前は太陽エネルギーが充実しており、そのエネルギーが食事を通して摂取することができるが、夜に食事を摂ると、何か異世界につながる感じで、太陽エネルギーが食事を通して入ってくる感じがしない。闇につながることを狙うならば、夜に食事を摂った方が良いが、普通の人は、健康や幸せを求めるものだから、そういうケースは午前中に食事を摂る方が良いだろう。

上記の記事で「太陽を食べる男」の話は、極めて参考になる情報を提供してくれている。太陽エネルギーが不食の生活をもたらすだけでなく、松果体を発達させることも示しているわけで、松果体(神の器官)が発達するということは、健康や精神的幸福をもたらすだけでなく、あらゆる能力を伸ばすことに繋がるだろう。

というわけで、1日1食法を実践しながら、太陽凝視の行も合わせて実践すると非常に良い結果を生むだろう。試しにやってみようと思う。






一日一食 ~40歳を過ぎたら、食べなくていい~一日一食 ~40歳を過ぎたら、食べなくていい~
(2013/02/09)
石原結實

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

tag : 不食 太陽 断食

エボラ封じ込めの逆をやってないか?

感染者、50万人も 国連が警告
2014.9.21 23:18

 【ニューヨーク=黒沢潤】西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱について、米メディアは20日、来年1月末に感染者が50万人を超える可能性があるとする米疾病対策センター(CDC)の試算を伝えた。

 エボラ出血熱の流行阻止に向け、各国が的確に対策に取り組まない最悪の場合を想定し、コンピューターで解析した。

 ただ、米国は3千人の兵士を感染国に派遣すると表明し、一部がすでに現地入りした。国連もエボラ出血熱の感染封じ込めに向け「国連エボラ緊急対処ミッション」(UNMEER)を創設、今月末までに先遣隊を派遣する見通しだ。こうした迅速な対応をふまえ、今月下旬にも正式発表されるCDCの数字が変わる可能性もある。

 世界保健機関(WHO)は8月、6~9カ月後の封じ込めまでに2万人超の感染者が出る可能性があるとし、マーガレット・チャン事務局長は国際社会に警鐘を鳴らした。しかし、増加傾向に歯止めがかからないのが実情だ。

 WHOによれば、疑い例を含む感染者はこれまでに5500人を超えた。うち2600人以上が死亡している。

転載元:
感染者、50万人も 国連が警告



CDCの試算では、来年1月末までに50万人もエボラ感染者が出るとのこと。致死率は50%なので、その半分25万人が死亡することになる。

ところで、問題なのは、このような試算が出ているにも関わらず、エボラを封じ込めるための対策が逆向きになっている点。どうしてそのような方向に進むのか、極めて不可解。

例えば、以下のニュースなどは、明らかにおかしい。素人判断と思われるかも知れんが、他に手はないのか?と思ってしまう。




エボラ熱対処で安保理決議  渡航制限撤廃を要請

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は18日、西アフリカで流行が拡大するエボラ出血熱をめぐって特別会合を開き、渡航制限は感染国を孤立させてしまうとして各国に撤廃を求めるとともに、緊急支援の提供を訴える決議案を全会一致で採択した。潘基文事務総長は感染封じ込めに向け「国連エボラ緊急対処ミッション」(UNMEER)の設立を発表した。

 国家間の紛争などに対応する安保理が感染症対策をめぐって決議を採択するのは極めて異例。今回のエボラ熱の流行はかつてない規模に拡大しており、国際社会が協力して対処する必要がある安全保障上の脅威であることを確認した形だ。

転載元:
エボラ熱対処で安保理決議  渡航制限撤廃を要請




エボラ熱対策:米軍3000人投入へ 医療支援や施設建設
毎日新聞 2014年09月16日 

【ワシントン和田浩明、ニューヨーク草野和彦】西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱について、オバマ米大統領は16日午後(日本時間17日未明)、米軍3000人の投入を含む総合的な対策を発表する。感染者、死者共に最も多いリベリアに米軍の司令拠点を設置し、米軍や米政府機関、国際支援団体などの活動を調整するほか、医療支援や治療施設の建設を行う。

転載元:
エボラ熱対策:米軍3000人投入へ 医療支援や施設建設




アフリカとの唯一の直行便、10月就航 エチオピア航空

エチオピア航空は、成田との初の直行便を10月中旬に就航させる。来日中のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)が10日、明らかにした。首都アディスアベバまでボーイング787型機で、週に3往復させる。アフリカ大陸と日本を結ぶ便は、エジプト航空が成田・関空―カイロ便を政情悪化で昨年から運休中で、これが唯一の直行便になりそうだ。テウォルデ氏は「マラソンのアベベ選手が東京五輪で優勝した50年前の10月を、初フライトで祝いたい」と話した。

転載元:
アフリカとの唯一の直行便、10月就航 エチオピア航空



米軍の派遣に関していえば、医療施設の設営とはいえ、わざわざ米軍を送る理由がわからない。先に医療チームや物資を送るべきではないのか?医療チームを守る目的もあるのだろうが、それは地元の軍隊で十分ではないのか?

いわゆる感染を阻止するといいながら、感染をなるべく拡大させたいという意図が見えるのは気のせいだろうか。確かに感染が拡がった方が、アフリカ人は皆死ぬし、アフリカを崩壊させれば、アフリカの資源は安く手に入るし、ワクチンで製薬会社は大儲けできるし、闇の勢力にとっては至れり尽くせりだろう。

そもそも米軍を派遣すれば、米兵士が感染することもあるわけで、兵士が感染すれば、その兵士が米国に戻ったときに感染を広める可能性もある。当然、検疫はしっかりやるのだろうが、それでも漏れるかもしれない。そうなった場合、米国が崩壊の危機に晒されるわけだ。

特に西アフリカ地域で、50万人のエボラ感染者が出れば、もう、誰も食い止めることはできない。とにかく広がりはアフリカ以外にも飛び火するわけで、もし、世界的なパンデミックになった場合、世界経済は崩壊する。もちろん、闇の勢力は世界経済を崩壊させ、世界が無法化した後に国連を使って世界政府を樹立するのが目的だろうから、そういう意味では計画通りなのだろう。






【お子様にも安心】コロイダルシルバー59ml 【医師推奨商品】【ドクターズサプリメント】(海外直送品)お子様にも安心】コロイダルシルバー59ml 【医師推奨商品】【ドクターズサプリメント】(海外直送品)
()
SOVEREIGN SILVER

商品詳細を見る


テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : エボラ 国連 渡航制限撤廃 米軍

エイズは存在しなかった?エイズの真実

フランス人医師エチエンヌ・ド・アルヴァン氏インタビュ-



(要約すると・・・)

・HIVは存在しない。HIVはゴースト(幽霊)。

・HIVと主張されるウイルスを分離・精製に成功した研究者は世界中に一人もいない。

・HIVの写真はねつ造。

・エイズ検査は、特定のウイルスを検査するテストではなく、単なる可能性を示しただけ。HIVが見つかったわけではない。

・エイズの恐怖をメディアが宣伝している理由は、人々を恐怖に陥れることによって、抗HIV薬を売りまくり、大儲けをしたい製薬会社の陰謀。

・エイズ患者はHIVで死ぬわけじゃなく、抗HIV薬(AZT)の副作用によって死ぬ。AZT(アジドチミジン)が使用され始めた年から、エイズ患者の死者数は一挙に10倍に跳ね上がり、さらに翌年には前年の10倍に跳ね上がった。AZTは人体に超猛毒。

・世界各国の研究者たちが、効果的なHIVワクチンを作るために、何十年も研究してきたのに、未だに開発できないのは、HIVを分離・精製できた人がいないから。即ちHIVなど存在しないので、ワクチンなど作れるわけがない。



このカラクリは、がん治療と全く同じ。ガンもどきを悪性のガンと診断し、抗がん剤投与によって殺す。抗がん剤は超猛毒であり、しかも高価な薬。これにより製薬会社は大儲け。抗がん剤治療にはガンを完治させる効果はほとんどなく、投与された患者の免疫力を衰えさせ、最終的に感染症で殺す殺人医療である。

これと同じことがエイズ治療でも行われていた。実体のないウイルスを実体があるかのように仮定し、そのウイルスを殺すための抗HIV薬(猛毒)を投与し、そして次々と患者を殺す。殺しながら、大儲けする。もう、開いた口が塞がらない。


ところで、エチエンヌ・ド・アルヴァン医師の言ってることが正しいとすると、HIV=生物兵器説もひっくり返る。生物兵器説すら偽情報だった。要はエイズ生物兵器説も、あたかもHIVが存在するかのように流した工作情報ということ。

確かにHIVの生物兵器を作るより、HIVによるエイズという実体のない病気を、あたかも実体があるかのように宣伝した方が、はるかに低コストで、しかも効率的に人口削減ができる。すなわち、実体のあるウイルスを作成し、それをばら撒いて蔓延させるより、嘘八百のエイズ検査を実施して、次々と陽性にしていった方が、はるかにスピーディーにHIV感染者を蔓延させることができる。そして、抗HIV薬を投与して殺すことができる。

本当にうまくできてる。




暴露 エイズウイルスは細菌兵器だった暴露 エイズウイルスは細菌兵器だった
(1997/10)
ゲイリー・L. グラム

商品詳細を見る


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズ HIV 生物兵器 エイズの真実

厚労省がコンビニ弁当などに対して「健康な食事」の認証マークを導入すると発表

添加物だらけのコンビニ弁当に厚労省が「健康印」のお墨付き?


厚生労働省は、2015年4月より、コンビニエンスストアの弁当やスーパーの総菜などの加熱調理ずみ食品に「健康な食事」の認証マークを導入すると発表した。検討会では、すでに成人1食分の栄養素量などの基準案が示されたという。

 基準案は、国民の食事の実態や「日本人の食事摂取基準」を踏まえた分析を参考に作成された。主食は、1食あたりの炭水化物が50~70gで、玄米などの精製度の低い穀類が2割以上含まれること。魚や肉などによる主菜は、たんぱく質が12~17g、野菜やキノコなどの副菜は重量100~200gとなっている。1食のエネルギー量は650kcal未満、食塩は3g未満だ。

 「健康な食事」の認証は1食単位で、健康増進に必要な栄養素やエネルギー、塩分量の基準を満たしたものに許可される。主食、主菜、副菜の1品ごとの認証もあり、消費者はこれらを組み合わせて食べることもできる仕組みだ。製造・販売元には認証商品の報告が義務づけられる。


●基準を満たしているかは自己申告、添加物の含有には触れない「健康印」

 しかし、基準を実際に満たしているかどうかは、それぞれの製造・販売元の申告による。認証商品の報告義務はあるものの、商品に対して厚労省などの検査が一切ないとすると、この認証はどこまで信頼に値するのかは、はなはだ怪しい。また、栄養素量は満たされているとしても、保存料や着色料などの添加物について、まったく触れていない点も大いに疑問が残る。
 一方、「健康な食事」の認証基準の根拠にもなっている「日本人の食事摂取基準」は、2015年版からエネルギーの指標をこれまでのカロリーから「BMI(body mass index=体格指数)」に変更する方針だという。BMIは肥満を判定する指数で、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出するものだ。

 これまでの基準は、年齢や性別、身体レベルからエネルギー必要量を決めていたため、小柄な男性や大柄の女性には対応しきれていなかったが、今回、採用される基準では、望ましいBMIの範囲を維持できる食事量を示す。

 たとえば、目標のBMIは年齢が18~49歳なら「18.5~24.9」、50~69歳なら「20.0~24.9」、70歳以上なら「21.5~24.9」と設定。自分のBMIがこの目標範囲を下回っていれば、エネルギー「不足」、上回っていれば「過剰」ということになる。さらに食塩の1日の目標量を、16歳以上の男性は9gから8gに、女性は7.5gから7gとより厳しく設定している。

 厚労省によるこれらの新たな試みは、もちろん高齢化が進んだこととも無関係ではなく、生活習慣病予防や介護予防につながるのはいうまでもない。そして、独居老人などが増加している今日、手軽なコンビニ弁当やスーパーの総菜は、自宅で調理をしない人たちにとっては、ありがたい存在でもある。

 しかし、厚労省が、自宅で調理して食べる「内食」よりも、できあいの弁当や総菜を食べる「中食」を推奨するのは、いかがなものか。「健康な食事」の認証は、それを食べれば“健康”になるという錯覚を引き起こしかねない。 

 厚労省は、この認証マーク導入に伴って、マークのデザイン公募を行なった。「マークは原則カラーで、主食、主菜、副菜を判別しやすいデザイン」としている。来春、このマークの付された弁当がコンビニにお目見えする。果たして、厚労省お墨付きの弁当・総菜は、消費者、いや国民の心をつかめるだろうか。
(文=チーム・ヘルスプレス)

転載元:
添加物だらけのコンビニ弁当に厚労省が「健康印」のお墨付き?



コンビニ弁当が健康印とは驚いた。添加物のオンパレードなのに、それを食っても平気だそうだ。平気というより健康になるそうだ。

それにしても、コンビニ弁当食うと、本当に胃もたれして、気持ち悪くなるんだよな。防腐剤やら何やら一杯入っているから、マジで吐き気を催す。体が受け付けない。


さて、コンビニ弁当だが、その実態は・・・












ちなみに巷間では「俺は何十年もコンビニ弁当を食っているが健康だ」と豪語している人がいる。また、「添加物は毒物ではなく、健康に害はない」と豪語している人もいる。「知らぬが仏」とはこのことか。コンビニ弁当を食わせた豚がどうなったのか、それを知るがいい。



豚にコンビニ弁当与え奇形・死産続出「具体名公表するとパニックになる」

18:16 08/29 2005 渡邉正裕

西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいたことが分った。具体的なコンビニ名を報道しないことについて同社は、「公表するとパニックになる」と説明した。

 当該記事は、福岡県で最大部数(約63万部)を発行する西日本新聞社が、昨年3月19日付朝刊に掲載したシリーズ『食卓の向こう側』を ブックレット に収めたもの。

 同記事によると、2002年ごろ、福岡県内の養豚農家であるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、豚の妊娠期間である114日後のお産で、死産が相次ぎ、やっと生まれた子豚も、奇形だったり虚弱体質ですぐに死に、透明なはずの羊水がコーヒー色に濁っていたという。

与えたコンビニ食は、回収業者が持ち込んだもの。期限切れとはいえ、腐っているわけではなく、農家の主が「ちょっとつまもうか」と思うほどの品だった。当初の目的は月20万円のえさ代を浮かせることだった。

転載元:
豚にコンビニ弁当与え奇形・死産続出「具体名公表するとパニックになる」




(コンビニ弁当効果)
・妊娠豚の羊水がコーヒー色に濁る
・生まれた子豚は奇形や虚弱体質、または死産






食品の裏側―みんな大好きな食品添加物食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
(2005/10)
安部 司

商品詳細を見る

テーマ : 食事療法
ジャンル : 心と身体

tag : コンビニ弁当 健康 厚労省

【デング熱】1カ所で短期間にこれだけ感染が広がるのは特異なケース

デング熱:「短期間拡大…東南アでもまれ」熱帯医学専門家
毎日新聞 2014年09月04日 22時12分

 デング熱の感染拡大について、長崎大熱帯医学研究所の森田公一所長(ウイルス学)に聞いた。【聞き手・清水健二】

 1カ所で短期間にこれだけ感染が広がるのは東南アジアなどの発生国でもまれで、特異なケースとみていい。代々木公園周辺には百匹単位でウイルスを持つ蚊がいるのではないか。感染者から検出されたウイルスは同じ型と聞いているが、遺伝子解析を進めて、元になった感染者が1人だけか、あるいは複数の感染源があったのかを分析する必要がある。

 殺虫剤散布や公園の封鎖などは、一定の効果を期待できる。継続的に対応してほしい。蚊はウイルスを子孫に引き継がないので、現時点で感染を疑う人たちの受診が一通り終われば、患者が大きく増えることはないはずだ。

 代々木公園で感染した人たちの周辺で感染が広がっても、家族間など限定的な範囲にとどまるだろう。日本の蚊は発生国ほど多くないため、感染が連鎖し、加速度的に患者が増える事態は起きないと思う。そもそもデング熱で重症化するケースは少ない。

 昨年も日本を旅行した外国人がデング熱に感染しており、以前から国内で感染者が発生していた可能性が高い。蚊が繁殖する季節は、どこでも感染の危険がある。代々木公園のように蚊が多く人の出入りも激しい場所に行く時は、なるべく刺されないような注意が必要で、行政は今後も蚊の駆除など適切な防除対策を実施してほしい。(談)

転載元:
デング熱:「短期間拡大…東南アでもまれ」熱帯医学専門家



>1カ所で短期間にこれだけ感染が広がるのは東南アジアなどの発生国でもまれで、特異なケースとみていい。

そりゃそうだ。意図的にばら撒かない限り、こんな不自然な感染拡大はない。

しかし、なぜ、代々木公園にバラ撒いたのかね?
反原発集会を阻止するため?
それだけでもないような気がするが。

たぶん、日本の平和ボケが関係してないか?
世界はエボラで騒いでいるのに、日本は相変わらず、平和。
何もしない。何の手助けしないし、資金提供もしない。

それで怒った連中が、日本をちょっと脅してやれ!!
なんてことが・・・

いくらだっけ?エボラ対策に必要な資金は??

まあ、これは憶測だけどね。



ホット・ゾーン――「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々ホット・ゾーン――「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々
(2014/09/25)
リチャード・プレストン

商品詳細を見る


テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

tag : デング熱 エボラ WHO

ねじめびわ茶
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト