スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流アスリートが「朝食を食べない」理由

一流アスリートが「朝食を食べない」理由。
実践したら、なぜかわかった



スポーツ業界で働くようになって12年。これまでいろんな選手たちの食生活を覗いてきたが、最近になってひとつ気づいたことがある。

それは、私のまわりには「朝ごはんをしっかり食べないアスリート」が多いということだ。しかも、名前は出せないが、誰でも知っているようなトップアスリートばかりだ。彼らの朝食は、思わず「そんなんでパワー出ます?」と聞きたくなるようなメニューなのだ。



朝は“排泄のための時間”らしい

多くの人は、親や学校の先生に「朝ごはんはしっかり食べなさい」と言われて育ってきたかと思う。

私自身も、「朝ごはんをしっかり食べないと力が出ないし、脳もちゃんと働かなくなって授業に集中できないよ」と教えられた記憶がある。ところが、だ。

体が資本のプロアスリートたるもの、当然しっかり朝食をとっているのだろう…と思いきや、いざ聞いてみると「青汁だけ」「ヨーグルトとフルーツだけ」「野菜ジュースだけ」「水だけ飲んで食べない」といった驚きの回答が。つまり、ほとんど食べていないのだ。(もちろん、昼と夜はその競技の特性を踏まえた栄養バランスの食事をきちんと摂っている。)

ある30代後半のベテランアスリートは「朝は体にとって排泄のための時間だから、消化器の負担を少なくするためにあまり食べないほうがいいと専属の栄養士に指導された」と言っていた。

また、別のアスリートは「試合後(夜)にたくさん食べるので朝は内臓を休ませる」ために朝はほとんど食べないのだという。


集中力アップ&体重キープでいいこと尽くめ

朝ごはんはしっかり食べるべき。朝食べないと力も出ないし頭も回らない。そう信じてきたのだが、トップアスリートたちがここまで朝ごはんを食べないので、私も試しに実践してみることにした。

今までは、朝は白いごはん一杯、お味噌汁一杯、簡単なおかずを一、二品とごく一般的な和朝食をとっていたが、それを「お水とリンゴ酢のみ」「ヨーグルトのみ」「青汁+豆乳を一杯」「フルーツのみ」などに替えてみた。

それによって何が起こったかというと、まず驚くことに、体調がすこぶるいいのである。朝ごはんを食べないと頭が回らないと思い込んでいたが、朝ごはんを軽めにしたほうが集中力もアップして原稿の進み具合がいい。

そして、以前は夜の食事会が続くとそれにともなって体重が徐々に増えていったが、朝ごはんを食べなければ前の晩に食べ過ぎてもだいたい一日で食べ過ぎ分をリセットできる(ような気がする)。そのおかげで、無理しなくても体重をキープできているのだ。

さらに、「朝は排泄の時間」と聞いていたように、朝食を食べないことで内臓の動きを排泄器官だけに集中させてあげることができるせいか、お通じも非常によい。ついでに、食費を多少カットできるというメリットもあったりする。

これらはあくまで私の個人的な実感だが、アスリートたちが朝食をあまり食べない理由を自分なりに理解することができたように思う。ただし、何事も人によるため、すべての人におすすめするわけではない。

「三食ちゃんと食べなくてはいけない」「朝ごはんはしっかり食べたほうがいい」「おなかいっぱい食べると元気が出る」というのは、もしかしたら体の本来の声とは違うのかもしれない。今回の体当たり実験を通してそんなことを感じている。

転載元:
一流アスリートが「朝食を食べない」理由。 実践したら、なぜかわかった



朝は排泄の時間というのは、参考になる。
私は、朝食を抜くだけでなく、夜にしか食事を摂らないという1日1食法を実践したことがある。それを3ヶ月以上実践したが、その際の効果として、

・集中力が持続する
・体重が8キロぐらい減る(←デブから脱却)
・睡眠時間が短くなる(←本を読む時間が取れる)
・食費が減る(←かなりコストカットできる)

という効果を体験した。

ちなみにカロリー不足にはなるが、だからといって衰弱するわけでもなく、病気になるわけでもない。体重は激減するが、体調が悪くなるわけではない。また、仕事の能率も下がらない。

変なサプリやダイエット運動に取り組むよりも低コストで実践できる。
読者の方々も、ぜひ、実践してみてはどうか?

かなりお勧めです。

ただし、やる以上は、夜食は、なるべく外食で偏食するのではなく、栄養がしっかり取れる食事をするのがコツ。発芽玄米、天然水、根野菜、大豆など、また、魚や肉もしっかりと摂る方が良いです。力が湧いてくる。

外食だと栄養バランスが崩れているし、そもそも栄養が足りないので、1日1食法を実践する場合は駄目。外食する場合は、手作り系の定食屋で食うこと。ラーメンやファミレスは禁止。

ちなみに1日3食摂っていると早死にするね。それは直感的にわかった。3食摂るということは24時間内臓が消化活動で動きっぱなし。内臓も消耗品だから使い過ぎるとガタがくる。だから、なるべく使わない方が内臓も長持ちし、長寿に繋がると思う。






奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
(2001/12)
甲田 光雄

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 生活習慣病・健康・ダイエット・食育
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 1日1食法 ダイエット

元NASA科学者「地球は氷河期に突入した」

記録的寒波に気候学者が警鐘「地球は氷河期に突入した」
2014.12.20 07:50 DMMニュース

記録的寒波が押し寄せている現在、東京では例年より20日も早く降雪があり、厳しい冬になることが予想されている。日本のみならず、アメリカも大寒波に見まわれ、ニューヨークは既に12月はじめから積雪しているという。こうした世界の寒冷化現象について、アメリカの気象学者ジョン・L・ケイシーが衝撃的な説を発表して話題となっている。

フロリダに位置するSpace and Science Research Corpの代表を務め、以前はNASAでスペースシャトルのエンジニアやコンサルタントとして関わっていたケイシーは、最近出版した著書『Dark Winter(暗い冬)』のなかで、地球温暖化説は間違いであり、地球は過去数年で寒冷化し続けていると警告。現在の寒冷化は1700年台後半から1800年台に起きた現象にもよく似ており、太陽が極小期と呼ばれる不活発な時期に突入した際に見られるものだという。こうした極小期には、太陽の黒点やフレアが減少すると言われている。

「自然のサイクルと統計データを見れば、太陽が地球の気候に影響していることは明らかです。ここ100年間の地球全体の気温チャートを見ると、2007年に急激に温度が下がっているのが分かります。この低下は過去100年で最大のものです」(ジョン・L・ケイシー)


長期的な寒冷化がもたらす意外な影響

こうした主張を行っているのは実はケイシーだけではない。ロシアの宇宙物理学者、ハビブロ・I・アブドゥサマトフもまた、地球は既に小氷河期に突入していると主張している。二人は、太陽の活動が地球の気候を変動させている、という視点で一致しており、それは黒点によって観察できるとしている。しかし過去十数年来、環境保護活動家が警告してきたのはむしろ地球温暖化だった。この点についてケイシーは次のように批判している。

「そこには2つの根本的な間違いがあります。まず第一に、彼らが主張する温室効果ガス理論と地球の気温変化の関係は、CO2が増え続けた場合、気温も同時に上昇し続けるというものですが、実際にはそうはなりません。そして第二にその間は気温の低下が絶対に起こりえないというものですが、実際には過去11年に渡って寒冷化し続けているんです。」

ケイシーは今後最悪の寒波は、2020年後半から2030年初頭にかけて訪れると予想。その際には食物や灯油を巡る争いが勃発し、米政府が農作物を輸出を禁止することまで予測している。さらに長期的な寒冷化により、地球の地層にも影響を与え、火山活動や地震が活発化することも懸念している。ケイシーによれば、近代アメリカで起きた最大の地震は1812年にミズーリ州のニューマドリッドで起きており、それは前回の極小期と一致しているという。またこうした地球の変化が人間にも影響し、社会変化が起こるとも指摘ている。1789年に起きたフランス革命は、前回の極小期が始まった時期であるという。ケイシーはこう警告している。

「現在の地球には、このように本格的で長期的な寒さを経験した人はいません。アメリカではなおさらです。事態は深刻なのです」

 現在の大寒波は、ほんの序章にすぎないのかもしれない。

(取材・文/木林純一)

転載元:http://dmm-news.com/article/903846/



東京の平均気温が近年になって極端に上がっているのは、単なるヒートアイランド現象。真夏の都会の暑さは、これが原因であり、別に温暖化しているわけではない。単なるコンクリート地獄が作り出す暑さ。それをマスコミが「温暖化!温暖化!」と連呼するから、皆、温暖化していると考える。結局、騙されていたわけだ。本当は寒冷化しているわけで、これから地球はどんどん冷えていく。

ところで、世界の人口増加が止まらず、このまま気温が低下していけば、食糧危機が予想よりも、早く訪れる。しかも日本は自給率4割。日本のような食料輸入大国は「THE END」。金融資産が幾らあろうが何の意味もない。





地球温暖化論のウソとワナ地球温暖化論のウソとワナ
(2008/04/26)
渡辺 正、伊藤 公紀 他

商品詳細を見る



テーマ : 天気(晴れ・曇り・雨・雪)
ジャンル : ニュース

tag : 温暖化 氷河期

共生進化論

270px-Lynn_Margulis.jpg
生物学者リン・マーギュリス



共生進化論とは、リン・マーギュリス(1938年3月5日 - 2011年11月22日)が唱えた学説。彼女はアメリカの生物学者で、マサチューセッツ大学アマースト校地球科学部教授である。マーギュリスは、ネオダーウィニズムに代表される適者生存、すなわち強い種が生き残っていくという進化の原則に真っ向から反対する立場であり、自然界は競争原理ではなく、共生原理であり、共生こそ進化の原動力であり、重要なプロセスであると主張した。

共生進化論に関しては、以下の動画が参考になる。







共生進化論は、仏教やキリスト教の利他思想に通じるものがあり、考えさせられるものがある。

もし、自然界が競争原理によって動いており、己の利ばかりを追求しているならば、強い者だけが生き残るというわけには行かず、すべてが破滅へと追いやられ、地球の自然環境は、火星のように荒野の砂漠になっていただろう。そういう意味では地球の豊かな自然を見る限りにおいて、ネオダーウィニズムの適者生存の進化論より、共生進化論の方が正しいと思う。




共生生命体の30億年 (サイエンス・マスターズ)共生生命体の30億年 (サイエンス・マスターズ)
(2000/08)
リン マーギュリス

商品詳細を見る


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 共生進化論 リン・マーギュリス

激増する認知症高齢者 認知症対策には「フェラル酸」

認知症の中核症状と行動心理症状

認知症の中核症状と行動・心理症状(出典:メタルナビ



増える認知症高齢者

記憶力や判断力が低下する認知症のお年寄りが増えていると聞きますが、実態はどうですか?

85歳以上の4割が発症

 全国の認知症高齢者は、厚生労働省の研究班が今春まとめた調査結果では、2012年度で462万人と推計された。65歳以上の高齢者約3079万人の15%にあたる。

 年代別で見ると、65~69歳では2・9%だが、85歳以上では4割を超える。有病率は、加齢とともに上昇し、男性より女性の方が高くなる。

 認知症とは、病気などが原因で脳の細胞が死んだり働きが悪くなったりして、記憶や注意力、判断力といった認知機能が低下し、生活に支障が出ている状態をいう。

 原因となる病気は、70種類程度あるとみられているが、調査結果によると、記憶障害が主体となるアルツハイマー型の認知症が全体の67・6%を占め、最も多かった。次いで、脳梗塞などが原因となる脳血管性が19・5%、幻視などを伴うレビー小体型が4・3%などと続いた。

 同省は昨年、介護保険の利用データを基に、介護サービスを受けている認知症高齢者を約305万人と推計した。研究班との差となる157万人は、介護サービスを利用していない軽度者とみられている。ただ、症状はほぼ確実に進行するため、数年後には介護が必要になることが多い。

 また、研究班は、認知症を発症する前段階とみられる軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると初めて示した。軽度認知障害は、本人や家族から記憶力低下などの訴えがあるが、日常生活に支障はない状態で、将来、認知症を発症する可能性のある「予備軍」と言える。

 一方、軽度認知障害と診断された人の約4割は、数年後に正常な認知機能に回復したという国際的な研究報告もあり、どんな支援を行えば回復できるかが明らかになれば、予防や発症を遅らせることにつながると注目されている。

 現在64~66歳の団塊世代がさらに高齢になり、認知症の人が急速に増えると見込まれることから、同省は、安心して在宅で暮らせるための新たな支援にも取り組んでいる。

 同時に、軽度者や軽度認知障害の人も多いことから、生きがいを持って暮らせるように社会参加できる場づくりや、認知症の進行や発症を遅らせるための研究の推進も急がれる。(本田麻由美)

(2013年9月10日 読売新聞)

転載元:
増える認知症高齢者




最近、私も認知症の気がある。例えば、ノートを買って、それを買い物袋に入れたはずが、自宅に帰るといつの間にかノートがなくなっている。どうやらどこかに置いてきたようだが、全く記憶にない。確かに買い物袋に入れたはずだが。また、出張先で読んでいた本がいつの間にか無くなっている。どこかに置いてきたようだが、どこに置いてきたか全く思い出せない。完全にボケている。

とにかく物をどこかに置いても、その置いた場所が思い出せない。どこにあるのかまるで記憶なし。そうやって物がどんどん無くなっていく。ちょっとヤバイ気がする。

そこで、認知症対策をあれこれ調べた。調べたところ、どうやら「米ぬか」や「玄米」が良いことがわかった。予防になる。


米ぬか
米ぬか



ちなみに認知症とは病名ではなく、記憶、認識、判断する能力に障害が出る症状全般を指し、種類は300あるといわれている。なかでも近年急増しているのがアルツハイマー病である。アルツハイマー病は、βアミロイドという特殊なタンパク質が脳内に高密度に蓄積され、それによりシナプスでの神経伝達が悪影響を受け、記憶力が低下する病気である。

日本において認知症の唯一の治療薬として認可されているのは「アリセプト」であるが、近年、身近な食材にも認知症対策に有効なものが存在することが判明している。それが米ぬかから抽出されるフェラル酸という天然ポリフェノール。フェラル酸は、米、小麦などのほとんどの穀物に含まれるが、最も多く含まれるのが、米ぬかと玄米。

現代の日本人は、食事が欧米化しており、フェラル酸の摂取量が減っている。だからアルツハイマー病が急増している。特に40代での発症が増えているという。積極的にフェラル酸(玄米食)を摂取することが望まれる。




アルツマイナーアルツマイナー
()
一般社団法人野口医学研究所

商品詳細を見る




この商品は、米ぬかからフェラル酸を抽出したサプリ。普段から外食ばかりしている人は、サプリでフェラル酸を摂取するのが良いだろう。特に若い連中は関係ないと思っているだろうが、それが将来的に仇となるので、今のうちに対処をしておくべき。


アルツハイマーの症状緩和にフェルラ酸が効果 米雑誌

埼玉医科大学総合医療センターの森隆准教授らは、株式会社グロービアとの共同研究で米ぬかなどに含まれるフェルラ酸がアルツハイマー病の症状緩和に繋がることを動物実験で確かめ、その内容がこのほど、米科学雑誌「PLOS ONE」に掲載された。

アルツハイマー治療薬としては、従来からのアリセプトに加え昨年3種類発売されたが、いずれも進行を遅らせるもので根本治療薬ではないため、今回の研究によりフェルラ酸が根本原因に働きかけていることが明らかになり、認知症患者を抱える家族に対し大きな福音となっている。

今回の研究で原因物質とされる異常たんぱく質のアミロイドベータの脳内蓄積が59~73パーセント程度減らすことが明らかになった。

現在、世界中の製薬会社が根本治療薬やワクチンの開発を目指しているが、さまざまな問題があり未だに成功していないという。

アミロイドベータは認知症発症までに20年かけて蓄積すると考えられているため、現在医療の世界ではアルツハイマー病の早期診断、早期治療を推奨している。しかしながら早期診断に関してはアミロイドイメージングを始め進歩しているものの、病気が発症する前の軽度認知障害やさらにその前のプレクリニカルな段階で手を打つにしても効果的手段がないのが現状。

転載元:
アルツハイマーの症状緩和にフェルラ酸が効果 米雑誌











テーマ : 健康食品 サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 認知症 アルツハイマー ボケ フェラル酸 玄米 米ぬか

ねじめびわ茶
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト