スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゾン層破壊の犯人はフロンガス!!実はそれも嘘だった??

オゾンホールは今世紀末に消滅する:NASA発表

Ozonehole.jpg



1987年に合意されたモントリオール議定書以降、オゾンホールは着実に縮んでいる。そして21世紀末までには実質的に消滅する、というNASAの新しい調査結果が発表された。

オゾンホール(オゾン層の濃度の減少)は着実に縮んでおり、21世紀末までには実質的に消滅するだろう。

米航空宇宙局(NASA)は新しい調査報告書で、かつては最も注目されていた環境問題であるオゾンホールが、30年以内に200万平方キロメートル以下に縮小すると予測している。研究チームはさらに、現在約3,100万平方キロメートルあるオゾンホールが、21世紀末までに完全に元に戻ると予測している。

地球では近年、上空に放出された有害な化学物質(フロンやハロン)によって、特に南極の上空で、春から初夏にかけて巨大なオゾンホールが形成されている。しかし、1987年に合意されたモントリオール議定書以降、オゾン層を破壊しない代替物質の使用が一般化し、有害な化学物質の放出は減少している。

オゾンホール問題に対するモントリオール議定書の影響は、これまでは厳密にはわかっていなかった(国連機関は2014年9月、回復しつつあるという報告書(日本語版記事)を出している)。しかしNASAは、人工衛星「オーラ」から得られた新しいデータを利用して、長期的な動向に関する詳細な情報を収集。この問題の終わりが近いと確信したという。

NASAのゴダード宇宙飛行センター(GSFC)はこの新しい調査報告書で、オゾンホールは着実に縮小しており、2040年までに実質的には大きな問題ではなくなるだろうと述べている。

オゾン層に穴があることは30年前、南極大陸を調査中だった英国の科学者チームによって発見された。それはガンを誘発する紫外線の地球への放射量を増やすことにつながるため、大きな健康リスクになると考えられてきた。

オゾンホールを発見したチームのひとりである英国南極研究所のジョン・シャンクリンは、オゾンホール問題の教訓は大きく、非常に冷酷だと『Guardian』紙に語っている。

「オゾンホールに対処するための国際協定は、かなり迅速に制定されました」とシャンクリンは言う。「しかし、オゾンホール問題の大切なポイントは、人間がいかに急速に大気を変化させてしまうのか、そして自然がそれを回復させるのに、どれほどの期間が必要なのかを示したことなのです」

転載元:
http://wired.jp/2015/05/13/ozone-hole/



「オゾンホールの犯人はフロンガスだ」と学生時代に教わったことをよく覚えている。そのときは何の疑問も思わず、「へえ~、そうなのか」と思ったものだ。

しかし、なぜ、南極にオゾンホールが生じるのだろうか?
学生の頃は何の疑問も思わなかったが、今にしてみれば、どうして、南極???
と疑問を持った。

いくら両極の磁場は強く、南極にフロンを集めるといっても納得ができない。
そもそもフロンが噴出している地域は北半球の先進国である。
わざわざ、なんで南極に穴が???

そこで、調べてみたところ、面白い情報を見つけた。
多分、ここに書かれていることは事実だろう。
読めばわかるが、合点がいくことが多い。


このオゾン層を巡る詐欺話について、名城大学経済学部の槌田敦(つちだあつし)教授が「環境問題における『常識』を再検討する」の中で、簡潔にまとめて記述されていましたので、以下その全文を転載します。

(以下転載)


オゾンホールのフロン原因説のウソ

オゾンホールの問題もウソだらけです。オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。

フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。

南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

大気の上空には0.2ミクロンの埃がいっぱい浮いていますから、0.2ミクロンに近い波長の光は散乱されます。宇宙から見ると地球が青く見える原因は、0.4ミクロンの青い光が散乱されるからです。

紫外線は0.3ミクロンですから、青い光よりももっと強く散乱されます。10倍も大気の中を通るということになれば、紫外線は残っていません。紫外線がないのですから、オゾンが化学反応で消えるというフロン原因説は成立しません。

またもう一つ、南極の成層圏の大気が孤立しているということも、オゾンホール成立の理由になっています。他からオゾンの少ない空気が入って来る訳ではないのに南極でオゾンが減るのは、これを減らす化学反応があることの証拠だというのです。

南極の成層圏大気が冬に孤立しているという証拠は、南極の成層圏が強い西風で囲まれているからと気象学者はいいます。

しかし、この議論は、初等物理学を無視しています。何故、冬に南極周辺の成層圏で西風が吹くのでしょうか。その原因は、夏極(北半球)で暖められた成層圏大気が赤道を通り越して冬極(南半球)の方向へ動いているからです。

地球は西から東に回転しています。これに伴って大気も西から東に回転しています。その速さは、回転半径が違いますから、赤道の大気のほうが高緯度の大気よりずっと早く回ります。その大気が赤道から南極の方に移動しますと、大地より先に回ることになります。大地より先に回る大気は大地から見ると、西風なのです。(この時北半球では東風です)。

南極のまわりの高層成層圏で西風が吹いていることは、高層成層圏大気が赤道から極の方に動いていることを意味します。南極の成層圏大気は孤立などしていないのです。オゾンの少ない高層の成層圏大気が南極の方に移動しているので、オゾンホールということになるのです。

これも論文「CO2温暖化説は世紀の暴論に詳しく書きましたのでお読みください(1)。

北極の春ではオゾンは減らないのに、南極の春にオゾンが減る理由については、南極に発生する極成層圏雲であるという点では、気象学者たちの意見と同じです。

しかし、その関与の理由が違います。彼らはこの雲の中でオゾンを壊す化学反応が起こるとしています。しかし、そうではなくて、この雲は大気より重いので落下しますが、このときオゾンの少ない高層成層圏大気を引きずり降ろすのです。このようにオゾンホールの発生原因は大気の運動だけで説明できます。

ところで、南極など高緯度地帯でオゾンが減ることがそんなに問題なのでしょうか。夏になって紫外線が増えればたちどころに高緯度地帯成層圏のオゾン濃度も回復します。オゾンがないのは、春先の少しの期間に過ぎないし、その期間は紫外線がほとんどなく、影響はないのです。



1-4 だらしない自然科学者たち

炭酸ガス温暖化説にしても、オゾンホールのフロン原因説にしても、何故間違いが信じられたかというと、温暖化では原子力派の科学者たちが大騒ぎした。それを受けて立ったのが石炭派の科学者たちです。

どちらも御用学者たちで、その間の大論争なのですが、決着は政府がどちらに味方したかで決まります。原子力派の学者にたくさん研究費が流れたのです。石炭は斜陽産業ですから、研究費が集まらなかったのです。

そうすると、関連分野の科学者は研究費欲しさに温暖化説にくみすることになって多数派が形成されることになりました。一般の科学者も無批判にこれに同調して、たくさんの本を書き、講演をしてお金をもらい、世論を支えました。

オゾンホールの問題でも同じです。フロン原因説をだれが仕掛けたかというと、これは代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

なぜかというと、フロンを作っている会社は世界で25社しかない。代替フロンの特許を持っているのはデュポンとか大企業です。日本ではナショナルです。この連中が代替フロンの技術を売り込むために、いい加減な説を蔓延させたのでした。冷却などに用いる物質の需要が減ることはありませんから、これらの企業にとってはフロンでも代替フロンでもどちらでも、自社製品か特許がたくさん売れればよいのです。

専門家はこのように御用学者ばかりで嘘つきですが、このようなことに引っかかる一般科学者もどうかしてます。彼らは多数の意見に弱く、孤立すると不安なのです。そこで無批判に多数に唱和し、ますます多数派は増えることになります。

(転載終わり)

人々の間に争いを生み出し、戦争の種を撒いているのは、世渡り上手な科学者集団なのかも知れませんね。私は特に、神の存在を全否定し政治家が持ち上げるような科学者には、疑いの眼差しを向けています。

スパイラルドラゴン拝

転載元:
松下幸之助は、オゾン層を巡る詐欺話の主犯格です






スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

tag : オゾンホール フロンガス

寄生虫感染によってアトピー性皮膚炎が改善 - 群馬大が証明

寄生虫感染によってアトピー性皮膚炎が改善 - 群馬大が証明

群馬大学は8月19日、寄生虫感染によってアトピー性皮膚炎の症状が良くなることを証明し、そのメカニズムを解明したと発表した。

この成果は群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学の石川治 教授、同 天野博雄 講師、同 岸史子 大学院生、同 国際寄生虫病学の鈴江一友 講師らの共同研究によるもので、国際雑誌「Allergy」に掲載された。

アトピー性皮膚炎の原因として、皮膚のバリア機能異常やストレスの関与などさまざまな原因が推測されているが、不明な点が多い。一方、アトピー性皮膚炎の発症は先進国で多く、発展途上国で少ないことがわかっており、この違いについては寄生虫感染がその原因の1つと考えられている。

今回の研究では、湿疹を発症するマウスに寄生虫(マラリア)を感染させ、経過を観察したところ、マラリアの感染症状が進むにつれ、アトピー性皮膚炎の症状が改善されたことが確認された。

さらに、湿疹のある皮膚と湿疹が良くなった皮膚を比較したところ、湿疹が良くなった皮膚ではリンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)が増加していることが判明。次に、NK細胞が増加しないような薬剤を投与した別のマウスにマラリアを感染させてもアトピー症状は改善されず、湿疹のあるさらに別のマウスにマラリア感染で増加したNK細胞を静脈から移入したところアトピー症状が改善した。これらの結果により、アトピー性皮膚炎の皮膚病変の改善にはマラリア感染した別のマウスから採取したNK細胞が関与していると結論付けられた。

同研究グループは今回の成果について、「アトピー性皮膚炎の病態解明と新たな治療法に繋がる可能性があり、将来的にアトピー性皮膚炎治療における医薬品の開発を含めた臨床応用に貢献できることが期待される」とコメントしている。

今後はマラリア感染によりナチュラルキラー細胞が増加する原因を解明することで、感染以外の方法でもナチュラルキラー細胞を増やすことができるかを探求していくという。

転載元:
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/20/128/



アトピー性皮膚炎は、近年、子供を中心に増えており、また、なかなか治癒しない病気として多くの人を苦しめている病気である。ほとんど不治の病に近いものがあるが、その病気に対して、寄生虫に感染することで、NK細胞を活性化させ、アトピーを治すというのは画期的な方法といえる。

しかし、アトピーを治すために、わざわざマラリアに感染する行為は、なかなか厳しいものがある。とてもじゃないが、そんな勇気は出ない。

他に良い方法はないのか?
ということで、調べていたら、たまたま面白い記事を発見した。

海洋深層水の効能

海洋深層水の効能海洋深層水の効能としては、バランス良く含まれる多種多様なミネラルや栄養素の作用から、いろいろな健康効果や美容効果が期待できるとされています。

代表的な効能には、アトピー性皮膚炎に対して高い割合で何らかの改善効果がみられるといったデータがありますし、含まれる有効成分の働きと肌への浸透性の高さから美肌効果が期待できるとして、化粧品や入浴剤の成分としても多く利用されています。



アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療方法にはさまざまな療法がありますが、その一つに【タラソテラピー(海洋療法)】という海水をはじめ海洋性の気候や海藻・海泥など海辺の自然な環境を利用した自然療法があります。

タラソテラピーを実践できるスパや温泉施設などの多くは、当然のことながら肌への浸透性に優れる海洋深層水を利用しており、肌細胞の新陳代謝を活性化する効果から、その効能としてアトピー性皮膚炎に限らずさまざまな肌のトラブルの症状緩和ならびに予防・治療に有効であるとされています。但し、アトピーといってもそれぞれの患者さんの症状ならびに体質によって、効果をあらわす方法もあれば全く改善されないといった場合もあり、海洋深層水を利用したタラソテラピーで全てのアトピー患者さんの治療に効果的な結果があらわれるかは、あくまでもケースバイケースのようです。



血行改善・血液サラサラ効果

海洋深層水を利用した高ミネラル飲料を、ある程度の期間にわたって継続して摂取することで血流が改善され、いわゆる血液サラサラ効果が見られたという動物を使った実験結果や人を対象とした研究データがあり、このことから高血圧の予防・改善や、さまざまな生活習慣病の引き金となる動脈硬化の予防にも繋がるといった効能があることも期待できると考えられています。

また、血行が良くなることで冷え性や肩こりなど、一般的によく悩まされていることが多い症状の解消にも効果的である他、血液中の中性脂肪やコレステロールの低下に働きかけるといった、血中脂質の正常化にも貢献するといわれています。

転載元:
http://www.clue4health.com/deep_seawater/



海洋深層水がアトピー性皮膚炎にも良い影響があるようだが、ただし、効果には個人差があるようで、アトピー性皮膚炎の患者に対して、海洋深層水を飲ませても、改善率は65%だという。改善する人もいれば、改善しない人もいる。また、医学的に海洋深層水がなぜアトピー性皮膚炎に良い影響を与えるのか、そのメカニズムもわかってはいないとのこと。

ただ、これは推測だが、海洋深層水によってアトピー性皮膚炎が改善されるケースは、海洋深層水に含まれる何らかの成分が人間の生命力をアップさせ、NK細胞を活性化させるからではないか?



実際に海洋深層水を利用した「タラソテラピー(海洋療法)」という自然療法も存在する。これは海洋深層水を利用した健康法で、最近、注目されつつある。

▼フランス生まれの健康・美容法「タラソテラピー」▼
http://matome.naver.jp/odai/2138018462519409101?&page=1

というわけで、アトピーで悩む人は、こういった自然療法も試してみるのも良いかも知れない。もしかしたら、もしかするかも??











▼そもそも海洋深層水って何ぞや??▼





テーマ : 健康&美容とくとく情報
ジャンル : 心と身体

tag : 海洋深層水 アトピー性皮膚炎 マラリア感染

ねじめびわ茶
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト