スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒にんにく」は霊感アップ?


発酵黒にんにくに期待される効能や効果

黒にんにくは今や健康食品やサプリメントとして販売されるほど、健康への効能や効果が期待されている食品です。そもそも黒にんにくは健康増進のための研究過程で生まれた言われています。

通常のにんにくも多くの効能や効果が期待できますが、熟成発酵された黒にんにくはその中の一部の作用が強まるとされます。主なものとして以下の3つがあります。


1.抗酸化作用が強まる

通常のにんにくにも抗酸化作用はありますが、熟成させた黒にんにくは更に抗酸化作用が強まると言われています。

メイラード反応により抗酸化作用が強まることがありますが、黒にんにくも例外ではないようです。成分的な面ではS-アリルシステインが大幅に増えることが影響しているとの推測がされています。またポリフェノールが増加したことも一因と考えられますが、何故ポリフェノールが増えるのか、そしてどのポリフェノール成分が増加しているのかは明確になっていないようです。









2.免疫力を高める

黒にんにくの効能として免疫力を高めることが注目されています。黒にんにくには通常のにんにくの効能に加え、抗酸化作用が強まるので免疫力が高まることは想定できますが、注目すべきは免疫細胞を活性化する働きがあることです。

佐々木元弘前大学教授の研究報告によると、黒にんにくには免疫細胞、特にNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化する現象が確認されたということです。

NK細胞とは通常の免疫細胞とは異なり、免疫プロセスを経ずに有害物質を攻撃する細胞で、ウィルスや腫瘍などの排除に威力を発揮します。

このNK細胞を活性化させる働きは黒にんにくによって増加したS-アリルシステインによる効能と考えられています。


3.抗癌(がん)作用が強まる

黒にんにくが一番注目されたのは癌(がん)予防効果です。通常のにんにくにも抗癌(がん)作用の効能は確認されていますが、黒にんにくは更に強い効果が見込めると言われます。

黒にんにくが持つ抗酸化作用と免疫力向上作用は共に癌(がん)予防に効果的な働きで、特にS-アリルシステインの持つNK細胞を活性化させる効能は癌(がん)細胞を抑制するのに効果的です。

黒にんにくの癌(がん)に対する研究報告は複数あり、現在も研究が続けられているようです。

転載元:にんにくの効能&効果21選



一般的に知られる黒ニンニクの効果効能は

免疫力アップ

抗酸化作用


などであり、フィジカルな面ばかりが取り上げられている。

しかし、黒ニンニクには別の側面があった。

それは霊感をアップさせるということ。

シャーマンやイタコが常食していたのが「黒ニンニク」

黒ニンニクを食すことで、イタコたちは自らの霊感をアップさせていた。

なぜ、黒ニンニクは青森県産なのか、

青森県といえば恐山があり、イタコが大勢いる。















スポンサーサイト

テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

tag : 黒にんにく 霊感

ねじめびわ茶
カレンダー
08 | 2016/09 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト