スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米中核戦争 朱成虎の主張!

0e1e5a8a7bf89a600729325e8984a172.jpg


「我々(中国)は核兵器の先制攻撃により中国以外の人口を減らすと共に自民族を温存させる事に力を注ぐべきで、この核戦争後に百年余りの屈辱に満ちた歴史を清算し未来永劫この地球を支配するようになるだろう。

世界人口の総数はすでに地球資源と生態環境の許容能力を超えており、これを解決するために戦争、疫病或いは飢饉などの手段を用いて大量に人口を消滅させ、人類を引き続き生存させるべきである。

中国政府は全力で核兵器の開発に取り組んでおり、十年以内には地球上の半数以上の人口を消滅させるだけの核兵器を装備することが可能である。


中国は西安以東の全都市が焦土とする事を覚悟している。米国も数百の都市が破壊されることを覚悟しなければならない。」
 (朱成虎発言 2005年7月6日)


これが中国の本音である。それに対して日本はどうか。相変わらず、平和ボケだ。こんな国の国債を買うというんだからな。



朱成虎
朱成虎(しゅ せいこ)

中華人民共和国解放軍の軍人、国防大学教授、中国解放軍少将。1952年1月安徽省当塗県に生まれ。旧姓は劉で建軍の父と呼ばれる朱徳元帥の外孫に当たる。中國人民解放軍国際関係学院、国防大学を卒業。国防大学の戦略研究所副所長、外训系主任などを歴任し、現在、同大学の防務学院院長および教授。解放軍少将の地位をもつ中国解放軍士官の教育的指導者である。2005年7月6日に諸外国の報道機関を前にした核戦争を推奨・称賛する過激発言がアメリカ、ヨーロッパ諸国、台湾などで物議をかもし新聞などで一斉に報道された。同年7月22日発言に対してアメリカ下院議会は、発言撤回と朱成虎少将の罷免を求める決議を採決した。これらの発言について国際問題にまで発展したが日本国内での関心は少なく、報道される例は稀であった。著書に「中美关系的发展变化及其趋势」、「当代美国军事」他多数。



異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない (新潮文庫)異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない (新潮文庫)
(2010/10)
櫻井 よしこ

商品詳細を見る





人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

ねじめびわ茶
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト