スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオス作戦

米ライフル協会「残虐な事件はゲームのせい」小学校乱射事件後、初の記者会見

全米ライフル協会米コネティカット州の小学校で発生した銃乱射事件では26名の命が奪われ、米国では銃規制に向けた動きが大きくなりつつあり、オバマ大統領も「大統領としての全権能を使う」と強い姿勢を見せています。

こうした中、最大の圧力団体とも言われる全米ライフル協会(NRA)は事件後、初めてとなる記者会見を行い、こうした悲惨な事件はビデオゲームなどのメディアが原因だと具体的な製品名を挙げ責任転換を図りました。

全米ライフル協会のWayne LaPierre副会長は「メディアが隠そうとしている汚い事実があります。人々に対する暴力を売りにする悲しく、無神経で、堕落した暗い産業がこの国にはあります。『バレットストーム』『グランドセフトオート』『モータルコンバット』『スプラッターハウス』といった意地が悪く暴力的なビデオゲームたちもその一つです」と記者会見で述べました。

こうした協会の姿勢は強い非難を集めていて、TechCrunchは「やってはいけない記者会見のお手本」とコメント。ニューヨーク市の公式ツイッターも「学校に武装した警備員を置くような提案をしながら、もっとも基本的な取り組みに反対している」と非難しています。

多くの議員が協会の支持を受けている中、規制強化が実現するかは不透明ですが、26人の命の重みは米社会を動かしているようです。

転載元:米ライフル協会「残虐な事件はゲームのせい」小学校乱射事件後、初の記者会見




原因はゲームではなく、精神薬(混合服用)である。すでにそのことは判明しているがマスコミは一切報じない。また、ライフル協会もそのことは知っているはずだが、口を噤んでいる。すべて製薬団体の圧力によって封殺されている。今回は子供が犠牲になったので、その反響は大きい。銃規制は確実に実施されるだろう。すべては計画通りということか。




市民と武装  ―アメリカ合衆国における戦争と銃規制市民と武装 ―アメリカ合衆国における戦争と銃規制
(2004/06/29)
小熊 英二

商品詳細を見る






人気ブログランキングへ   

関連記事

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカ

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト