スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の勢力に乗っ取られたバチカン

ローマ法王退位、「1人の巡礼者」に ツイッターは「空席」に

ローマ(CNN) ローマ法王ベネディクト16世が28日、正式に退位した。法王の存命中の退位は598年ぶり。信者は別荘前に集まって最後の別れを告げ、短文投稿サイト「ツイッター」のローマ法王のページは「Sede Vacante(空席)」という名称に切り替わった。

ベネディクト16世はこの日、枢機卿やローマ法王庁職員らの盛大な拍手に見送られてバチカンを離れ、ヘリコプターでローマ近郊のカステル・ガンドルフォにある別荘に到着した。

別荘前に集まった約1万人の信者を前にベネディクト16世は、「私はもはや法王ではない。この世における巡礼の最後をたどり始めた1人の巡礼者だ」と述べ、「主と共に、教会のため、そして世界のために前進を。ありがとう」の言葉を残してわずかに微笑み、十字を切って建物の中に姿を消した。

ベネディクト16世が公の場に姿を見せるのは、恐らくこれが最後となる。法王の警護に当たってきたスイス衛兵は公務終了時刻の午後8時、敬礼して扉を閉め、バチカン警察と交代。「名誉法王」となったベネディクト16世は、別荘で数週間過ごした後に、バチカンの小さな修道院に移る。

バチカンにある法王の公邸の入口は次の法王が決まるまで封印され、法王の象徴の「漁師の指輪」と紋章は、傷を付けることによって「破壊」される。

ベネディクト16世がツイッターの公式アカウント「@Pontifex」に残した最後のツイートは、「皆様の愛情と支援に感謝します。常にキリストを中心に生きる喜びを体験されますように」だった。

その後、この言葉も含めてベネディクト16世の投稿はすべて消去された。同アカウントは次の法王が利用するかどうか決めるまで休眠状態となる。

ローマ法王庁は、3月31日に行われるイースター礼拝の週までに次期法王を決めたい意向で、週明けにも「コンクラーベ」の日程を決めるための枢機卿会議が始まる見通し。

コンクラーベはバチカンのシスティーナ礼拝堂で開かれ、80歳未満の枢機卿115人の投票で次期法王を決める。この間、コンクラーベに出席する枢機卿はツイッターへの投稿も含めて外部との接触を禁じられる。宿泊施設でもインターネットは利用できないないという。

次期法王の有力候補とされるイタリアのジャンフランコ・ラバシ枢機卿は28日午前のツイッターで、数日の間不在になるとツイートした。

転載元:ローマ法王退位、「1人の巡礼者」に ツイッターは「空席」に



<20世紀後半のローマ教皇一覧>
パウロ6世(1963年~1978年)
ヨハネ・パウロ1世(1978年)在位期間は33日間
ヨハネ・パウロ2世(1878年~2005年)
ベネディクト16世(2005年~2013年)


長い間、バチカンとフリーメイソンは犬猿の仲であった。しかし、P2事件(1981年)で、バチカン内部にもP2会員、もしくはフリーメイソンの信者が多数いることがわかり、世間で大騒ぎになった。バチカンが完全にフリーメイソンに乗っ取られていたからだ。

P2とは、イタリアのフリーメイソン内のロッジを指している。P2が、そのメンバーにイタリア政界や財界の大物たちを抱えており、時のイタリア政府やバチカンを操縦していたことは有名である。P2は、マネーロンダリングやテロ(ボローニャ中央駅爆弾テロ事件)、暗殺(ヨハネ・パウロ1世)、さらには国家転覆など、いろいろな闇の仕事に手を染めていた。このP2の背後にいたのはモンテカルロ委員会である。モンテカルロ委員会にはヘンリ・キッシンジャーがいた。闇の支配者はモンテカルロ委員会を経由してP2にいろいろな指示を出していた。ちなみにコールマン博士によれば、アルド・モーロ首相もP2の手先(赤い旅団)によって殺されたという。モーロ首相は闇の勢力に逆らった人物である。

パウロ6世(63~78年)は、もろにフリーメイソンであった。彼がメイソンから与えられた仕事としてやったことは、開かれたバチカン=宗教対話である。彼はバチカン公会議(62~65年)の中で、これまでのローマ教会特有の独善的な姿勢を180度転換し、教会一致戦略(プロテスタントや東方正教会と関係を回復する)を取る方針を打ち出した。また、今まで異端とされたイスラム教、ヒンドュー教、仏教に対しても宗教対話の方針を打ち出した。

これによりバチカンは世界の各宗教とも連携を取るようになるのだが、次に登場したヨハネ・パウロ1世(78年)は、バチカン内部に潜むP2会員及びフリーメイソンを一掃することを考えた。そのため、在位33日目にして毒殺された。33日=33階級(メイソン)のことであり、メイソンの仕業であることを暗示している。暗示というよりは仄めかし。

次のローマ法王は、ヨハネ・パウロ2世(78~2005年)である。彼は表面的にはフリーメイソンを批判している。「フリーメイソンはサタンの会堂」と言っている。しかし、本心はどうだったのか?本当のところはわからない。ただし、ヨハネ・パウロ2世自身も世界中を飛び回って、いろいろな宗教対話をやったことから、当然のことながら、パウロ6世の戦略である教会一致戦略および異教徒との宗教対話を継続したといえる。というか、当人は殺されて替え玉にすり替わっていた説あり。この異教徒との宗教対話、教会一致戦略こそフリーメイソンリーのワンワールド戦略である。それを踏襲していたということ。

次のローマ法王は、ベネディクト16世である。彼はバリバリの保守派とみられていたが、意外や意外にそうでもなかった。2010年にベネディクト16世は英国国教会の主であるエリザベス女王2世と会見したことからも、それがわかる。本来、ローマ法王は死ぬまで職務を全うするのであるが、しかし、不可解ながら、今回、そんな彼が高齢で引退することになった。多分に未成年の子供に対する性的虐待やバチカン内の不正がバレたことが原因だと思う。ただし、最近のローマ教会への批判が盛り上がっていることを考えると、これらも奴らの段取りなのかもしれない。すべてはキリスト教会を破壊し、反キリスト(新たなメシア)を登場させるための段取りである。

では次は誰がローマ法王になるのか。それはまだわからない。わからないが、イタリアから出てくる可能性が大きい。候補者は何人かいるようだが。マラキの予言を成就させるためにもイタリアから出ないことには始まらない。


最後に今、話題になっている問題をひとつ

(ローマ法王とエリザベス女王2世が有罪に・・・)
http://itccs.org/2013/02/25/guilty/ 

詳しくは以下のブログを参照
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11479482361.html


(参考)









バチカン株式会社―金融市場を動かす神の汚れた手バチカン株式会社―金融市場を動かす神の汚れた手
(2010/09/24)
ジャンルイージ・ヌッツイ 著

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ  

関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : バチカン Illuminati ベネディクト16世 P2

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト