スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲劇!大阪母子が生活に困窮し、餓死 

大阪母子死亡:今月行方不明者届 知らせず転居、困窮か 

大阪市北区天満のマンションの一室で遺体で見つかった母子とみられる女性と男児について、今月に入って女性の行方不明者届が出されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。女性は夫に知らせずに同所に転居した末、生活に困窮した可能性があり、大阪府警天満署は経緯を調べている。

遺体で見つかった2人は、部屋の住人の井上充代さん(28)と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)とみられる。今年2月ごろに死亡したという。充代さんの預金口座には約20円しか残金がなく、充代さんが残したとみられるメモには、「子どもに、もっと良い物を食べさせてあげたかった」という趣旨の記述があることなどから、同署は餓死した可能性があるとみている。

関係者によると、充代さんは広島出身。数年前に大阪市内に転居し、2010年3月に瑠海ちゃんを産んだ。その後、夫と3人で大阪府守口市で生活していたが、昨年10月ごろ、北区天満のマンションの一室に移った。知人の紹介で入居したため、家賃はほとんどかかっていなかったという。しかし、転居に際し、北区役所に転入届を出さず、夫らに無断で転居したとみられる。今月に入って、警察に行方不明者届が出されていた。

転載元:大阪母子死亡:今月行方不明者届 知らせず転居、困窮か




なぜ、大阪は、本当に困った人を助けず、どうでもいい連中を生活保護で助けてるんだ?本当に助けなければならないのは、こういった人たち。

こういうニュースを聞くと、本当に嫌になる。

それにしても、なぜ、困窮していたのだろうか。餓死する前に、誰かに助けを求めることはできなかったのだろうか。住居移転届けを出してないところを見ると、やはり夫の暴力?を恐れて、居場所を知らせたくなかったのか?

それにしても、こういうケースは何とかならんのか。本当に詳しく調査したほうがいい。どうして何もできなかったのか。国や自治体は、こういった問題を徹底的に調査すべき。そして、餓死に至った原因を究明し、社会制度の盲点を見つけ、それを是正する改革を行うべきだ。



(生活に困ったら公的貸付を活用)
http://kouteki.hikacu.com/


保護のてびき〈平成24年度版〉【生活保護制度の「今」をすばやく理解するためのハンディな一冊】保護のてびき〈平成24年度版〉【生活保護制度の「今」をすばやく理解するためのハンディな一冊】
(2012/07/02)
生活保護制度研究会

商品詳細を見る









関連記事

テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

tag : 生活保護

ねじめびわ茶
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト