スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルミナティの黒幕

imagesCAEZBZBT.jpeg


イルミナティフリーメイソンに関する情報がネット上に広まっている。特に日本においては311大地震によって、多くの人がいろいろな陰謀情報に触れ、広まった感がある。

それはそうとイルミナティという定義は不明瞭であり、イルミナティとはどのような連中を指すのか、今ひとつわからない。イルミナティなんて組織はないと否定する人も多い。しかし、イルミナティは「風を征するモリヤ」という別名を持つ。彼らが本来のイルミナティであり、自らイルミナティと名乗っていないことに注目すべきだ。

「モリヤ」

この言葉が何を意味するかは、宗教の歴史やオカルト哲学を調べれば、そこにヒントがあるだろう。

近代的イルミナティの起源は、1776年5月1日、アダム・ヴァイスハウプトがバイエルンで設立した政治結社にある。この組織はフランス革命の黒幕とされている。革命の指導者ロベスピエールもダントンもマラーもフリーメイソンであり、また、イルミナティであった。

フランス革命は旧来の王権政治、神権政治をひっくり返した歴史的大事件である。人権を尊重し、自由、博愛、平等の理念を掲げ、人々を解放したのがフランス革命だった。しかし、実態は違った。ある勢力(人種)を解放するために行われた革命だった。

そもそもイルミナティフリーメイソンもある勢力によって作られ、利用されたと考えなければならない。イルミナティの中枢は一部の勢力によって形成されており、彼らは自分達が世界の支配者となり、他はすべて奴隷にする、また、自分達が掲げる思想のみが偉大で、それ以外は全否定する、そのような考えと目的をもって何千年もの間、あらゆる文明に寄生してきた勢力(人種)である。人種といえば、どの人種かはすぐにわかるだろう。そんな思想と目的を持つ人種は世界に一つしかいない。

アンドリュー・ヒッチコック(新進気鋭の陰謀論者)によれば、彼ら(人種)の起源はエドム人であるという。エドム人が某人種に成りすまし、某人種を盾にしながら、世界に寄生してきた。また、エドム人は何を血迷ったのか、わけわからん禍々しい神を奉じ、人身御供を行ってきた。エドム人の先祖に関しては、権力闘争に敗れ、野に追放されたエサウ(ヤコブの兄)である。

エドム人は自分たちの身を隠すために、いろいろと七変化する。コロコロと人種名が変わるのだ。これほど複雑怪奇な人種はいない。彼らは歴史的には王族貴族とも結びついて、権力と金力を独占してきた。ゆえにいつの時代でも彼らは嫌われ、迫害された歴史を持つ。

ちなみに彼らの頂点は、現在、ロンドンのシティー(金融街)に居座っている「赤い盾」の一族である。




ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表
(2008/09/06)
アンドリュー ヒッチコック

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : フリーメイソン
ジャンル :

tag : イルミナティ フリーメイソン

ねじめびわ茶
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト