スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミが報道できない「高層階病」の実態

マスコミが報道できない「高層階病」の実態 6階以上&33歳以上で44%流産

次々と建設される超高層マンション。住環境と病気との関係についてはシックハウス症候群や化学物質過敏症が知られているが、高層階の居住が、流産、死産、神経症、低体温など各種病気の要因になっていることは、ほとんど知られていない。背景には、三井不動産を筆頭とする財閥系からリクルートまで、デベロッパーを巨大広告主に持つマスコミが報道できない構図がある。このほど『コワ~い高層マンションの話』(宝島社)が発売となり、帯には「33歳以上の約7割が流産の経験」などとあるが、真偽はどうなのか。著者である東海大学医学部の逢坂文夫講師(基盤診療学系・公衆衛生学)に、医師の三好基晴氏が話を聞いた。

医学的な正式診断名ではないが、高層階に住むことによって生じる各種病気を、便宜上、この記事においては「高層階病」と名付ける。逢坂氏は、この高層階病について、横浜市内の3ヶ所の福祉保健センターを対象に、16年以上にわたって継続的に調査を続けている。


◇想定外の調査結果から始まった
―――高層階病の研究を初めて発表したのはいつ頃でしょうか。

高層階の住居の健康被害についての研究発表をしたのは1994年です。「厚生省心身障害研究 平成5年度研究報告書」(現在の厚生労働省は当時厚生省)に「住居環境の妊婦に及ぼす健康影響について」のタイトルで私が研究報告しました。

横浜市の3つの福祉保健センター(当時の名称は保健所)において4ヶ月健診を受けた母親の中で、第一子のみを出生した人だけを対象に行いました。このときの調査の母数は461人でした。


「厚生省 心身障害研究 平成5年度研究報告書」より抜粋
流産・死産の割合は、1~2階で6.0%、3~5階で8.8%、6階以上で20.88%、と高くなるにしがたい、増加していました。その後継続的な調査を行い追加データを取っていますが、ほぼ同じような割合で推移しています。

―――どのようなきっかけで、このような研究調査をしたのでしょうか。

高層マンションで6階以上であればエレベーターの設置義務がありますが、5階以下では設置義務がなく階段を使わざるを得ないので、階段の上り下りの激しい運動によって流産率が高くなる、という説がありました。

これを裏付けるデータを取ろうと考えていました。しかし、結果を見ると予想とは違って、5階以下より6階以上の方が明らかに流産・死産の経験者が多いということが分かったのです。


◇6階以上&33歳以上では44%が流産
―――その後の研究で、どのようなことが分かりましたか。

「日本臨床環境医学会学術集会」抄録の抄録より

今年、2010年7月に行われた「日本臨床環境医学会学術集会」に、新たな研究を発表しました。2008年5月までの10年間に、横浜市内の3箇所の保健所で子供検診をした母親にアンケート調査を行ったもので、母数は、集合住宅に居住する1,957名です(居住階数や年齢の内訳については左記抄録を参照)。

その結果、1、2階の住居者の流産経験者の割合は8.9%、3~5階は9.2%、6~9階は17.8%、10階以上は21.4%でした。

これを年齢別に見てみると、27歳以下では、どの階も5%前後、平均5.3%で、違いはあまりありませんでした。ところが28~32歳では、1、2階の住居者の流産経験者の割合は10.2%、3~5階は9.0%、6~9階は17.6%、10階以上は21.1%で、平均10.5%でした。

33歳以上では、1、2階の住居者の流産経験者の割合は22.4%、3~5階は21.1%、6~9階は38.1%、10階以上は.....

転載元:
マスコミが報道できない「高層階病」の実態 6階以上&33歳以上で44%流産




恐るべき実態が報告されている。高層マンションに住んでいると流産・死産・低体温・神経症に繋がるようだ。私自身、高層マンションに住んでいたので、このことは経験的にわからないわけではない。高層マンションは眺めはいいが、精神的なストレスになる。しかし、そのストレスが女性の場合、流産・死産に繋がるのは知らなかった。

当然、こんなことをマスコミは取り上げない。なぜなら、高層マンションを売買しているのは、三井不動産などの有名企業だから。もし、取り上げたら、不動産価格は暴落。これら有名企業は大損害である。

海外では高層マンションに住むことを法的に規制しているようだ。

例えば、米国サンフランシスコやワシントンでは新たに建設される高層マンションには高さ制限が設けられているし、フランスでは1973年に高層住宅の建設を禁止している。極めつけはイギリスで、育児をしている世帯は4階以上に住まないように法規制されている。


さて、高層マンション流産・死産に繋がるのは、微妙な揺れに関係があるといわれている。微妙な揺れが母体に何らかの悪影響を及ぼすとのこと。ただし、まだ真の原因はわかってないようだ。確かに揺れだけが問題とは思えない。私は精神的ストレスが原因のように思うが、どうなのだろうか。

高層マンションは眺めはいいかも知れないが、下を見れば、自動車がミニカーように見えるわけで、正直虚しく感じる。さらに大地から離れた居住空間では、精神的に不安定になる。大地がすぐ真下にないので、居住空間として落ち着かない。

そもそも大地に根ざした生活を送らないと人間は精神も肉体もダメになるかも知れない。特に都会は、母なる大地をアスファルトで埋め尽くし、コンクリートで固められた高層ビルが立ち並んでいる。そして、都会の住人の多くが、土のないアスファルトの上に建造された高層マンションに住んでいる。どうみても不自然である。

自然から隔離された都会で、人間の精神や肉体がまともに維持できるとは思えない。そういう意味では自然の神秘である「出産」が、高層マンションに住む人にマイナスに働いているというのは理解できる。


詳しくは下記の本をお読みください。

コワ~い高層マンションの話コワ~い高層マンションの話
(2010/09/17)
逢坂 文夫、宝島編集部 他

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

tag : 高層階病 高層マンション 流産 死産

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト