スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激増する認知症高齢者 認知症対策には「フェラル酸」

認知症の中核症状と行動心理症状

認知症の中核症状と行動・心理症状(出典:メタルナビ



増える認知症高齢者

記憶力や判断力が低下する認知症のお年寄りが増えていると聞きますが、実態はどうですか?

85歳以上の4割が発症

 全国の認知症高齢者は、厚生労働省の研究班が今春まとめた調査結果では、2012年度で462万人と推計された。65歳以上の高齢者約3079万人の15%にあたる。

 年代別で見ると、65~69歳では2・9%だが、85歳以上では4割を超える。有病率は、加齢とともに上昇し、男性より女性の方が高くなる。

 認知症とは、病気などが原因で脳の細胞が死んだり働きが悪くなったりして、記憶や注意力、判断力といった認知機能が低下し、生活に支障が出ている状態をいう。

 原因となる病気は、70種類程度あるとみられているが、調査結果によると、記憶障害が主体となるアルツハイマー型の認知症が全体の67・6%を占め、最も多かった。次いで、脳梗塞などが原因となる脳血管性が19・5%、幻視などを伴うレビー小体型が4・3%などと続いた。

 同省は昨年、介護保険の利用データを基に、介護サービスを受けている認知症高齢者を約305万人と推計した。研究班との差となる157万人は、介護サービスを利用していない軽度者とみられている。ただ、症状はほぼ確実に進行するため、数年後には介護が必要になることが多い。

 また、研究班は、認知症を発症する前段階とみられる軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると初めて示した。軽度認知障害は、本人や家族から記憶力低下などの訴えがあるが、日常生活に支障はない状態で、将来、認知症を発症する可能性のある「予備軍」と言える。

 一方、軽度認知障害と診断された人の約4割は、数年後に正常な認知機能に回復したという国際的な研究報告もあり、どんな支援を行えば回復できるかが明らかになれば、予防や発症を遅らせることにつながると注目されている。

 現在64~66歳の団塊世代がさらに高齢になり、認知症の人が急速に増えると見込まれることから、同省は、安心して在宅で暮らせるための新たな支援にも取り組んでいる。

 同時に、軽度者や軽度認知障害の人も多いことから、生きがいを持って暮らせるように社会参加できる場づくりや、認知症の進行や発症を遅らせるための研究の推進も急がれる。(本田麻由美)

(2013年9月10日 読売新聞)

転載元:
増える認知症高齢者




最近、私も認知症の気がある。例えば、ノートを買って、それを買い物袋に入れたはずが、自宅に帰るといつの間にかノートがなくなっている。どうやらどこかに置いてきたようだが、全く記憶にない。確かに買い物袋に入れたはずだが。また、出張先で読んでいた本がいつの間にか無くなっている。どこかに置いてきたようだが、どこに置いてきたか全く思い出せない。完全にボケている。

とにかく物をどこかに置いても、その置いた場所が思い出せない。どこにあるのかまるで記憶なし。そうやって物がどんどん無くなっていく。ちょっとヤバイ気がする。

そこで、認知症対策をあれこれ調べた。調べたところ、どうやら「米ぬか」や「玄米」が良いことがわかった。予防になる。


米ぬか
米ぬか



ちなみに認知症とは病名ではなく、記憶、認識、判断する能力に障害が出る症状全般を指し、種類は300あるといわれている。なかでも近年急増しているのがアルツハイマー病である。アルツハイマー病は、βアミロイドという特殊なタンパク質が脳内に高密度に蓄積され、それによりシナプスでの神経伝達が悪影響を受け、記憶力が低下する病気である。

日本において認知症の唯一の治療薬として認可されているのは「アリセプト」であるが、近年、身近な食材にも認知症対策に有効なものが存在することが判明している。それが米ぬかから抽出されるフェラル酸という天然ポリフェノール。フェラル酸は、米、小麦などのほとんどの穀物に含まれるが、最も多く含まれるのが、米ぬかと玄米。

現代の日本人は、食事が欧米化しており、フェラル酸の摂取量が減っている。だからアルツハイマー病が急増している。特に40代での発症が増えているという。積極的にフェラル酸(玄米食)を摂取することが望まれる。




アルツマイナーアルツマイナー
()
一般社団法人野口医学研究所

商品詳細を見る




この商品は、米ぬかからフェラル酸を抽出したサプリ。普段から外食ばかりしている人は、サプリでフェラル酸を摂取するのが良いだろう。特に若い連中は関係ないと思っているだろうが、それが将来的に仇となるので、今のうちに対処をしておくべき。


アルツハイマーの症状緩和にフェルラ酸が効果 米雑誌

埼玉医科大学総合医療センターの森隆准教授らは、株式会社グロービアとの共同研究で米ぬかなどに含まれるフェルラ酸がアルツハイマー病の症状緩和に繋がることを動物実験で確かめ、その内容がこのほど、米科学雑誌「PLOS ONE」に掲載された。

アルツハイマー治療薬としては、従来からのアリセプトに加え昨年3種類発売されたが、いずれも進行を遅らせるもので根本治療薬ではないため、今回の研究によりフェルラ酸が根本原因に働きかけていることが明らかになり、認知症患者を抱える家族に対し大きな福音となっている。

今回の研究で原因物質とされる異常たんぱく質のアミロイドベータの脳内蓄積が59~73パーセント程度減らすことが明らかになった。

現在、世界中の製薬会社が根本治療薬やワクチンの開発を目指しているが、さまざまな問題があり未だに成功していないという。

アミロイドベータは認知症発症までに20年かけて蓄積すると考えられているため、現在医療の世界ではアルツハイマー病の早期診断、早期治療を推奨している。しかしながら早期診断に関してはアミロイドイメージングを始め進歩しているものの、病気が発症する前の軽度認知障害やさらにその前のプレクリニカルな段階で手を打つにしても効果的手段がないのが現状。

転載元:
アルツハイマーの症状緩和にフェルラ酸が効果 米雑誌











関連記事

テーマ : 健康食品 サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 認知症 アルツハイマー ボケ フェラル酸 玄米 米ぬか

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト