スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃乱射事件は仕掛けられたもの、そのカラクリは・・・

アメリカで銃乱射事件が多発している。突然、まともな少年や青年が学校や職場、映画館で銃を乱射する。そして、多くの人を殺す。そんな事件が米国で多発している。何がどうしてそうなるのか、まことに不可解。

特に記憶に残る事件は、以下の事件だ。ニューズウィークから抜粋する。


■11位 コロラド州オーロラ 死者12人(2012年8月)

バットマン原作の映画『ダークナイト・ライジング』が上映中の映画館内で、地元の大学院生(神経科学を専攻)が催涙ガスを投げた後に銃を乱射。犯人のジェームス・ホームズ(当時24)は映画の中の銃撃シーンに合わせて発砲したとされる。

■10位 ニュージャージー州カムデン 死者13人(1949年9月)

退役軍人のハワード・アンルーが、近所を無表情で歩きながら子どもを含む犠牲者に20分間にわたって銃弾を浴びせた。精神分析の結果、隣人が彼のことを同性愛者だと思っているとアンルーが感じていたことが分かった。

■9位 テキサス州フォートフッド 死者13人(2009年11月)

陸軍精神科医ニダル・ハサンが米テキサス州フォートフッド陸軍基地で銃を乱射。先月、軍事法廷で死刑判決が言い渡された。熱心なイスラム教徒で、イスラム教徒と戦う米軍から除隊したがっていたという。

■8位 ニューヨーク州ビンガムトン 死者14人(容疑者含む、2009年4月)

ベトナム系移民のジバリー・ウォン(当時41)が英語を学んでいた移民センターで銃を乱射。英語が上達しないことや就職先が見つからないことへの焦燥感から犯行に及んだと見られているが、真相は分かっていない。本人は自殺。

■7位 コロラド州コロンバイン高校 死者15人(容疑者含む、1999年4月)

学校での銃乱射事件としては最も知られた事件だろう。同校の学生エリック・ハリスとディラン・クレボルドによる犯行。2人共、校内で銃を撃ちまくった後に自殺した。当初は落ちこぼれによる犯行とされたが、FBIの調査ではハリスは精神病質者クレボルドをうつ病患者と断定された。

■6位 オクラホマ州エドモン 死者15人(容疑者含む、1986年8月)

郵便局の配達員だったパトリック・シェリル(当時44)が同僚らに向かって発砲。クビにされると思い込んで犯行に及んだとみられている。

■5位 テキサス州テキサス大学 死者17人(容疑者含む、1966年8月)

元海兵隊の狙撃主だったチャールズ・ウィットマン(当時25)が大学校内の時計台から発砲。警察の狙撃主に撃たれるまで乱射は続いた。遺書と見られるメモには「最近自分がよく分からない」などの言葉が残されていた。

■4位 カリフォルニア州サン・イシドロ 死者22人(容疑者含む、1984年7月)

「人を狩りに行く」と言い残して家を出たジェームス・ヒュバティー(当時41)がマクドナルド店で銃を乱射。犠牲者の中には5人の子どもが含まれていた。

■3位 テキサス州キリーン 死者24人(容疑者含む、1991年10月)

ジョージ・ヘナード(当時35)がトラックごと市内のカフェ「ルビー」に突っ込んだ後に撃ち出した。「ベル群に対する仕返しだ」などと叫びながら10分間に100発以上を乱射した。職場を解雇されたことに対する恨みから犯行に及んだと見られているが、真相は謎のままだ。

■2位 コネチカット州ニュータウン 死者28人(容疑者含む、2012年12月)  
アダム・ランザ(当時20)がサンディフック小学校で銃を乱射。事件の前には自分の母親も撃ち殺していた。母親がランザの意思に反して精神病院に入院させようとしたことへの恨みなどが犯行に及んだ背景にあるとされている。(管理人:アダム・ランザは常時精神薬を飲んでいた

■1位 バージニア工科大学 死者32人(容疑者含む、2007年4月)

学生だった在米韓国人チョ・スンヒ(当時23)が校内の学生寮や講義棟に侵入し、学生や教授らを次々に銃で殺害。数ある銃乱射事件の中でも最悪の犠牲者数を出した事件で、銃規制に批判的な全米ライフル協会ですら銃購入時における審査の厳格化を定めた米下院の法案を支持した。(管理人:チョ・スンヒも精神薬を服用していた

転載元:米銃乱射事件ワースト11




銃乱射事件(作戦名:オペレーション・カオス)のカラクリを暴露した人物がいる。彼は米国の陰謀研究家のヴィクター・ソーンである。ソーンは秘密結社員(組織)の内部告発者から、銃乱射事件のカラクリを聞き、それをソーンが主宰する会報誌に発表した。

まとめると

組織の連中がターゲットとなる子供をチョイスする。ターゲットはいじめられているか、麻薬常用者か、抗ウツ剤などの精神薬を飲んでいる者に絞る。ターゲットを絞ったら、条件付けを行う。ビデオゲームやパソコンの中にサブリミナルメッセージを仕込む。すでに戦争ゲーム、暴力ゲームなどにはそれが埋め込まれてある。そこへさらにリタリンやプロザックなどの精神薬を投入すれば殺人マシーンの出来上がり。彼らに自分の意志はなく、頭の中に植え込まれたメッセージに従うロボット人間になっている。


ポイントは、『精神薬』『ビデオゲーム』である。この二つによって脳内をコントロールし、人を殺す衝動に駆り立てるようである。

(ちなみに今はビデオゲームだろうが、昔は催眠術を使っていたと思われる。例えば、ロバート・ケネディを暗殺したサーハン・サーハンは明らかに催眠術を掛けられた痕跡があった。当人は催眠術を掛けられた際の記憶を消されている。)


(参考)
凶悪犯罪のウラに向精神薬の影響
http://fine-club.com/project/?p=2529


さて、どうしてこのような銃乱射事件を支配者層が仕掛けているかといえば、当然のことながら、

『銃規制法案』を通すためである。

銃規制法案は、現代版『刀狩り』であり、権力者たちの米国支配を達成させるツールである。要は反抗者が武器をもって立ち上がるのを防ぐためである。米国を奴隷国家にするためには国民から銃を取り上げなければならない。

ところで、日本はどうだろうか。日本は銃刀法によって銃も刀も所持できない。もともと戦前からそういう国であったが、戦後はさらに暴力団新法、組織犯罪処罰法、破防法といった国民をガンジガラメにする法案が次々と追加され、最近では秘密保護法まで登場し、NWOに逆らう反抗の根は完全に断ち切られている。これらの法律は表面的には反社会的勢力を抑圧するための法に見えるが実態は違う。

そもそも日本はGHQ(進駐軍)によって勝手に作られた平和憲法の呪縛がある。外国の不当な暴力に対して、それを制圧する武力の所持を根本的に否定されている。もうどうにもならない。日本は国民のみならず、国家も奴隷状態に置かれている。





次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉技術・諜報篇 (5次元文庫)次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉技術・諜報篇 (5次元文庫)
(2008/08/07)
ヴィクター ソーン

商品詳細を見る



次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇 (5次元文庫)次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈下〉謀略・金融篇 (5次元文庫)
(2008/08/07)
ヴィクター ソーン

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : 銃乱射事件 銃規制法案

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト