スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル経済の実態




貧困国に多額の融資を行い、その返済を迫る際、資源を略奪する。それがグローバル経済の実態。

貧困国は世界銀行やIMFへの借金返済のために水道事業、学校、医療といったものを次々と民営化する。税収は微々たるものだから、そうしないとやっていけない。民営化すれば、水道料金、教育費、医療費はべら棒に高くなり、貧困層は学校にも医者にもいけない。ましてや水道水も飲めなくなる。

インドネシアはグローバル経済の餌食になった代表的な国であるが、グローバル経済を導入したのが、スハルトである。スハルトは、スカルノ追放時から英米の諜報機関に買収されており、ハナから売国奴だった。英米のグローバル主義者たちは、インドネシアの資源欲しさにスハルトを使ってスカルノを追放した。

スハルトの悪行として有名なのが、スハルトの縁故関係者のみで政府の重要な役職を占有したこと。また、スハルト一族だけで、IMFからの資金(3分の1)を着服していたこと。そして、反体制派を次々と虐殺したこと。

ちなみにスハルトはインドネシアの反政府運動を抑えきれず、1998年に大統領を辞職し、その後、病気で死んでいるが、スハルト一族の一部の家族は、スハルトが辞職した混乱の最中、中央銀行にあった多額の金を盗んで海外へ逃亡。今でも米国のロスで悠々自適な暮らしをしている。犯罪一家がロスの高級住宅街で暮らせるのも、スハルト政権で利益を得た米国からの、スハルト一族への恩返しということだろう。





ビバリーヒルズ・コップ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ビバリーヒルズ・コップ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/04/21)
エディ・マーフィ、ジャッジ・ラインホールド 他

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

tag : インドネシア グローバリズム スハルト

ねじめびわ茶
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト