スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で鳥インフル人へ感染拡大中!

鳥インフル:ヒトからヒト感染疑い相次ぐ 中国で不安拡大

【上海・隅俊之】中国で今年に入り、鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染者が急増する中、家族間でヒトからヒトに感染した疑いのある例が相次いでいる。家族間の感染が確認されても、世界保健機関(WHO)などが懸念するパンデミック(世界的大流行)に至るような連鎖感染が起きているわけではない。ただ、社会不安が高まりかねないことから、中国当局は発表の文言にも神経を使うなど警戒を強めている。

感染者が急増している浙江省では先月下旬、家族3人の感染が相次いで確認された。今月に入っても広西チワン族自治区で41歳の母親から5歳の息子に感染した疑い例が確認された。

母親は、1月27日に広東省で発症した後、自治区に戻ったが、今月3日になって息子も発熱などの症状が出たという。広東省でも親子間での感染疑い例が出ている。

H7N9型の感染は、ウイルスを持つ家きん類との接触が主な原因とみられる。看病など濃厚な接触があれば家族間でヒトからヒトに感染する可能性はある。ただ、1人から複数に次々と感染が広がっているわけではなく、パンデミックの兆候は現時点ではない。ウイルスの遺伝子も、ヒトからヒトに感染しやすくなるような大きな変異はないという。

中国衛生当局はこれまで「ヒトからヒトへの感染を示す証拠はない」としてきたが、相次ぐ家族間の感染疑いを受け「限定的で非持続的なヒトからヒトへの感染は排除できない」と、最近は感染を認める方向に表現を変化させている。ただ「病院で医師が患者から感染して死亡した」などのうわさが出回るなど、中国当局も対応に苦慮しているようだ。

国営新華社通信は1月27日、専門家の話をもとに、浙江省でヒトからヒトへの限定的な感染が既に起きている、と伝えた。しかし、その後の新華社の記事では「高度に疑っている」と断定を避ける表現に後退している。

また、中国中央テレビなどは「限定的なヒトからヒトの感染が起きても大規模な流行につながる可能性は低い」と、繰り返している。

今年の感染者は7日現在、中国本土と香港を合わせて175人(うち36人死亡)と、昨年を既に上回った。

毎日新聞 2014年02月09日 09時56分

転載元:鳥インフル:ヒトからヒト感染疑い相次ぐ 中国で不安拡大



(思ったこと・・・)

1.2012年12月にバラ撒く予定だったのが、2014年1月になってバラ撒いた?
2.日本ならば東京などの大都会は要注意?
3.アジア全土に広がる?
4.ついに人口削減スタート?

ところで、「限定的な人人感染」の定義が知りたい。「パンデミック感染」と「限定的な人人感染」は具体的にどう違うのか。要は幾何級数的に増えるのか、算術級数的に増えるかの違い?感染力の強弱か?具体的な定義がわからないと判断のしようがない。しかし、人人感染は現実に起こっているわけで、これは今までと違う新種なわけで、かなりヤバイのでは?

どちらにしろアジア人大量虐殺計画は存在するようで、それがウイルスによる殺戮らしい。とりあえず、“らしい”ということにしておく。本当に恐ろしいよ。とにかく子供がいる人は対策と準備を急ぐべき。


(参考:中国で鳥インフル人へ感染拡大中!)



(概要)
中国が、浙江省で人から人への感染が一部あり死者も出たが限定的であり、ウイルスは突­然変異していないと報じた。以前、鳥インフルが拡大した際に情報を出すのをやめ,公然と­報道管制をしかけた中国が、今回報道したということは危険信号だと青山繁晴氏はいう。


確かに危険かも知れないが、しかしながら、中国はSARSのとき、感染者を生きたまま焼き殺し、強引に感染拡大を食い止めた実績がある。だから、今回も強引に食い止めると思われる。そういう意味では中国共産党は凄い。普段は汚職と不正ばかりだが、イザとなれば強行手段を取るわけで、こういうときに一党独裁は強い。



今から準備!!鳥インフルエンザ対策

病弱な子供、抵抗力が弱い老人がいる家庭には、インフル対策は必須である。とにかく「アリとキリギリス」ではないが、今のうちに準備しておくべき。なぜなら、もしも、パンデミックが起こったら、そのタイミングでインフル対策で必要なものを購入しようとしても、その時には「売り切れ!」になっているから。


【1】プラズマクラスター製の空気清浄機

プラズマクラスター(Plasmacluster)は、製造業界№1の精密技術を持つシャープが開発したもの。プラズマ放電により活性酸素を発生させ+(プラス)と-(マイナス)のプラズマクラスターイオンを作り空気中に放出するこの機能によりウイルスなどの表面のたんぱく質を分解し、その働きを抑制する。

(具体的な効果)
・布に染み込ませたタバコの臭いを脱臭
・浮遊しているダニの糞や死骸等のタンパク質を切断して除去、アレルゲンの作用を低減
・空気中のウイルスを除去し、浮遊ウイルスの作用を抑える
・細菌の細胞膜のタンパク質を断片化して不活発化
・浮遊しているカビの細胞膜のタンパク質を切断して分解除去
・イオン濃度25000個/cm2の場合、肌の水分量の増加
・機能搭載エアコンの場合、内部のカビを除菌

参考情報:シャープのプラズマクラスターイオン、25立方mの空間でインフルエンザウイルスを抑制

ウイルス対策にはこのタイプの空気清浄機がベスト。

詳しくはこちら ⇒ シャープ×ダスキン!空気清浄機レンタル!まずはお試し!




【2】天然アロマ

空気清浄機だけでは家全体をカバーすることはできない。空気清浄機だけで部屋の隅々まで浄化するには無理がある。というわけで、部屋の隅々、もしくは空気清浄機がない場所は、天然アロマを使ってウイルス退治。ちなみに天然アロマに抗ウイルス作用があることは、北里科学環境センターで行われた「抗菌・抗ウイルス試験」によって、すでに認められている。

ウイルス対策のアロマに関しては、こちら ⇒ 天然アロマの香気でウイルス対策



【3】緑茶

緑茶は殺菌力があるカテキンが含まれる。インフル対策にもなる。緑茶を飲むと、インフルエンザに感染する確率が下がるそうだ。それも 発症率46%減!

このことはすでにテレビなどで取り上げられており、多くの人が知っていることだと思う。ただし、市販の緑茶(ペットボトル)を買っても、大してカテキンは含まれないので、掛川産深蒸し茶などの本場のお茶を飲むようにしよう。

本場のお茶 ⇒ 静岡県内では有名な“掛川茶”






(その他)
マスク、うがい、手洗い、人ゴミは避けるなどは基本的な予防策も忘れずに・・・

ちなみにパンデミックになれば、交通機関がストップ。流通は滞り、食品は手に入らなくなる。だから、非常食も用意。





調理不要!美味しい防災食セット-18食入り 2人で約3日分 5年間の長期保存の防災食。送料込み!調理不要!美味しい防災食セット-18食入り 2人で約3日分 5年間の長期保存の防災食。送料込み!
()
旬の食卓便

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : インフルエンザ情報
ジャンル : ニュース

tag : 緑茶 鳥インフルエンザ プラズマクラスター

ねじめびわ茶
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト