スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に籠絡されているオバマ大統領一家

緊急拡散希望《中国に籠絡されているオバマ大統領一家》

■3月20日、ミシェル・オバマ大統領夫人は、二人の娘と母親を帯同して中国を訪問しました。

それは、故郷に帰省するがごとくの和やかな訪問です。

中国ウオッチャー第一人者の月刊中国編集主幹・鳴霞氏の情報によると、オバマ大統領一家と中国の関係は、親戚のようなもので別に驚くことも無いとのことです。

実際、オバマ大統領の片親違いの弟は、中国人と結婚しオバマが大統領に就任したころから、中国人民解放軍総参謀部(スパイ部門)OBの支援で広東を中心に焼肉店を10店舗以上経営しているとのことです。

また、オバマ大統領の妹は、カナダ国籍の中国人と結婚していることは、中国では広く知られていることと、教えてくれました。

これらを踏まえて、今回のオバマ大統領夫人の訪中を見れば、和気あいあいの訪問が理解できることでしょう。

1937年の支那事変後、蒋介石夫人の宋美麗が、全米で反日宣伝活動を実施して、とうとう米国の利益は、中国を全面的に支援することに舵を切らせることに成功したのは歴史の事実です。

現在の東アジアの政治情勢は、恐ろしいほど当時と似通っているのです。

安倍首相の靖国神社参拝に対して、米国の「失望した」とのコメントは、たまたま出たのではなく長年のロビー活動の成果であり、その間、日本のロビー活動は無きに等しいのです。

米国は、日本の首相が靖国神社参拝をして中韓を刺激することは、米国の国益にならないと公然と発言しているほど、日本は舐められているのです。

この情けない状況は、中国と韓国の宣伝工作に対して、日本の政治家と官僚が有効な対抗措置を行っていなかった結果です。情けないことです。

今月末にオランダで行われる日米韓三者会談に於いて、安倍首相は「河野談話の見直しはしない」だけでなく「検証も中止する」などと、オバマ大統領同席で約束させられる可能性は否定できず、非常な危険を孕んでいますので、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方は、安倍首相のフェースブックに、「河野談話の見直しはしなくとも、事実に基づく検証は実施する」ことを、三者会談で断言するように要請してください。

実際、オバマ大統領はレームダック状態になっており、オバマの意向が今後の米国政治の実態を反映してないことを把握して、絶対に譲れない一線は断固として守っていただきたいものです。

転載元:緊急拡散希望《中国に籠絡されているオバマ大統領一家》



オバマ=シカゴ。シカゴ=中国秘密警察による麻薬密売の本拠地。ろくなもんじゃないね。オバマもそうだが、米民主党というものは、中国民主党と置き換えてもよく、オバマ外交をみていればわかるが、すべて米国の一国覇権主義をぶち壊すことしかやってない。オバマの役目は、世界の警察としてのアメリカの役目を終了させ、20年後に世界経済を牛耳る予定の中国にその座を明け渡すこと。そうとしか考えられん。

今回のウクライナ問題でも、オバマはどこまでやれるか。「やれる」というよりは「やられる」かも知れんが。

結局、上記の記事にあるように、米政権の中国寄りの外交は、中国のロビー活動による成果であり、日本が何もやってなかったことの証ともいえる。というか日本の外交は稚拙であり、中国の外交とは比較にならない。中国の凄いところは敵の内部を食い破る手法を取ること。ロビー活動にしろ何でも・・・





ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神
(2013/08/18)
水間 政憲

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 中国 オバマ

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト