スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国】地上に吸うべき空気なく、地面に食べるべき野菜なし





中国「神話が崩れ、悪夢が残った」 希望の光を求めて

編集委員 後藤康浩

中国経済の先行きに大きな不安が広がっている。中国が発表する経済指標は信頼できないものが多く、中国経済の実態はPM2.5さながらの濃霧の中にある。おぼろげながら見えているのは、屋台骨の製造業が力を落とし、カンフル剤だったインフラ建設も馬脚を現し、地方政府や民営企業の投資も資金源だった理財商品のデフォルトの始まりで行き詰まった、といった光景だろう。中国の高度成長神話は崩れ去り、償還困難な金融商品の巨大な山がそびえ立っている。それだけではない。PM2.5が代表するような環境破壊は止めどもなく、土壌汚染、禁止農薬や添加剤の使用で食品は危険性を増している。中国経済に希望はあるのか?


20140301203920.jpeg




■「地上に吸うべき空気なく、地面に食べるべき野菜なし」

河北省石家荘の駅前は中国の大都市と変わらず高層ビルが林立しているが、そのビル群がどこまで続くかは旅行者にはわからない。PM2.5の灰色の濃霧が視界を200メートル以下に狭めているからだ。中国でトップクラスの大気汚染の町だけのことはある。駅前広場で地元の人に大気汚染について聞いた。年々ひどくなるという話は当たり前として、四川省から来た一人の建設労働者の言葉が意外であり、やがて背筋が寒くなった。

「雇ってくれている会社が作業員にPM2.5対策の漢方薬をたくさんくれているので毎日欠かさず飲んでいる」。これを聞けば中国にしては珍しい親切な企業と思ったが、続いて出た言葉は「毎週、作業員が倒れているからね」。屋外の建設現場はPM2.5から逃れようもない。そこで重労働をする作業員はPM2.5の最大の被害者なのだ。

石家荘から上海に戻り、空港に降り立った途端、空気がおいしいと感じた。石家荘のPM2.5濃度は1立方メートル当たり600マイクログラム前後、上海はその日100マイクログラム前後だった。日本から上海に着いた時に感じた空気の汚れはもはや感じなくなっていた。

昔、北京に駐在していたころ、レストランで出てきた皿やグラスを持参のティッシュなどでふくのは日本人の常識だった。当時は出される食事よりも調理や出し方の方に不安があったからだ。今は皿をふかなければならないケースは減ったが、出された料理をしっかりと見なければならなくなった。あやしげな野菜や肉をより分けて食べるわけだ。異常に青々とした野菜、妙に白っぽい野菜、口に入れて化学品の臭みがないか、確かめつつ口にする。中でも今、中国人が警戒するのは、もやしだ。根がない、茎が太い、白すぎるもやしはほぼ確実に禁止薬剤を添加してつくられているからだ。

「地上に吸うべき空気なく、地面に食べるべき野菜なし」という中国人に流行っている嘆き言葉こそ今の中国の現実だ。だが、嘆きにもうひとつ加わるフレーズがある。「大学を出て就くべき仕事なし」である。中国の大学(短大、高等専門学校も含む)の卒業生は今年約700万人に達する。そのうち大卒にふさわしい職業に就いたのは300万人程度とされる。かつては売り手市場だった海外留学帰りも仕事にあぶれる時代となった。まともに就職できない半分以上の人たちは工場や建設現場に仕事を見つけたり、大都市でバイトをしたりしながら就職活動を続ける。2013年の中国の成長率は7.7%と中国政府は発表するが、7.7%成長で大卒就職の超氷河期なのである。高成長がウソなのか、大卒が就くような仕事のない低付加価値の産業構造が続いているのか? どちらも真実だろう・・・

転載元:
中国「神話が崩れ、悪夢が残った」 希望の光を求めて




(中国問題まとめ)

・食べ物は毒物入り(毒もやし等)
・割り箸ですら毒物
・水は水不足に加えて汚染されている
・環境破壊の拡大(緑化政策では芝生や山に緑のペンキを塗る愚かさ)
・砂漠の拡大
・空気はウラン混合石炭の煙(癌患者が急増)
・不動産バブルとバブル崩壊
・シャドーバンキング問題
・国進民退(国有企業が栄え、民間企業は縮退していく)
・就職難(大学を卒業しても就職先がない、ネズミ族の出現)
・役人の不正や汚職が蔓延
・情報統制
・反日教育
・貧富格差の拡大
・資源消費の増大
・資源の枯渇
・エイズ村、癌村、肝炎村の出現
・未知の病気の出現(陰性エイズ)
・チベット人やウイグル人への弾圧と搾取
・パクリ商品の製造(著作権問題)
・闇の食人市場(カニバリズム)
・法輪功信者に対する弾圧(人権侵害)
・臓器密売
・人身売買
・モラルの崩壊(子供が車に轢かれても誰も助けない)
・無神論(自殺者の増大)
・デモや暴動が頻発(武装警察が弾圧し、押さえ込んでいる)
・中国秘密警察の問題(海外で麻薬密売)

他、もろもろ・・・

中国はほとんど魔界である。魔界が地上に出現したのが中国。もうどうにもならない。



中国の環境問題 今なにが起きているのか (DOJIN選書 12)中国の環境問題 今なにが起きているのか (DOJIN選書 12)
(2007/11/20)
井村 秀文

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

tag : 中国 中国問題 PM2.5 中国経済

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト