スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行方不明のマレーシア航空は自爆テロを慣行しようとしていた??目標はディエゴガルシア基地

マレーシア航空機長と中国人乗客に海外メディアから疑いの目、米海軍基地を狙ったテロとの見方も―中国紙


中国紙・環球時報は17日、「海外メディアがマレーシア航空のパイロットと中国人乗客を疑う、米軍基地に向かった可能性も指摘」と題した記事を掲載した。

「何者かによる故意の仕業」であるならば、一体誰がやったのか?マレーシア当局からは何の説明もなされていないが、多くの海外メディアが疑いのまなざしをパイロットに向けている。米ABCは16日、米関係者の話として、「少なくとも1人のパイロットが事件に関与した可能性が高い」と報道。米下院国土安全保障委員会のマコウル委員長も16日、「米情報部門は機長と副操縦士の事件における『役割』に注目している」と表明した。

マレーシアのヒシャムディン国防相は16日の会見で、警察当局が15日に機長と副操縦士の自宅を「訪問」したことを明らかにしている。別のメディアは「MH370便に疑わしい乗客が搭乗していた」と指摘。その人物は「中国で生まれ、トルコで教育を受け、英国で2年ほど教員をしていた。スイスで航空機エンジンの知識を学んだ」という。国防相も「乗員乗客すべてに対する調査を進めている」と話している。

一方、ドイツ紙ビルトは16日、「MH370便は米海軍基地があるインド洋のディエゴガルシア島に向かった可能性が高い」として、テロリストによる仕業との見方を示している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)


転載元:マレーシア航空機長と中国人乗客に海外メディアから疑いの目、米海軍基地を狙ったテロとの見方も―中国紙



モルディブ低空飛行説まで登場 不明マレーシア機巡る多種多様な憶測


消息不明が続いているマレーシア航空370便(MH370)の行方をめぐっては、さまざまな目撃証言や推測が浮かんでは消えてきた。ここ1~2日でも、「他の飛行機の影に隠れる形でレーダーの探知を逃れた」という「珍説」から、モルディブでの比較的詳細な目撃情報など、様々な情報が報じられている。

ただ、肝心のマレーシア当局からの新たな情報はほとんど出てこない状態が続いており、政府は何か隠しているのではないか、という見方も浮上している。


目撃者「飛行機のドアも、はっきり見分けられた」


モルディブのニュースサイトが2014年3月18日、南部の環礁にある島の住民の話として伝えたところによると、MH370が行方不明になった3月8日の早朝、「低空飛行するジャンボ」が目撃されている。目撃談は(1)機体は白く、赤い線が入っていた(2)北から南東方向に向かって飛行していた(3)上空を飛ぶときは、信じられないくらい大きな騒音を出していた、といった、といった内容だ。(1)はマレーシア航空の塗装と共通しており、「ジャンボ」はボーイング747型機の別名だが、今回行方不明になった777-200ER型機とは大型機という点で共通している。また、目撃者のひとりは、

「島の上をジェット機がこんなに低空で飛ぶのは見たことがない。水上飛行機は見たことがあるが、今回はそれとは違う。飛行機のドアも、はっきり見分けられた」と話したという。「他の数人の住人も、まったく同じ様子を目撃したと言っていた」とも話した。

現時点では衛星との通信記録をもとに、「タイ北部からカザフスタン-トルクメニスタンの国境にかけて」「インドネシアからインド洋南部にかけて」の2つの広大なエリアを対象に捜索を進めている。今回の目撃談は、この後者にあたる可能性がある。

マレーシアで最大部数を誇る英字紙「ザ・スター」によると、機長の自宅から押収されたフライトシミュレーターには、モルディブのマレ空港、インド洋の英領ディエゴ・ガルシア島にある米軍基地、スリランカの空港、クリスマス島、ココス・キーリング諸島の空港に関するデータがダウンロードされていたという。この点も、モルディブ説を後押ししている。

転載元:
モルディブ低空飛行説まで登場 不明マレーシア機巡る多種多様な憶測


139520898429089082225.jpg




なるほど。そういうことか。これで納得。ブログ記事として取り上げるのが遅きに失した感はあるが、私にとっては今頃気づいたわけで、こうして記事にしている。

そもそも、どうして飛行機が見つからないのかは、これでわかった。この地球上に隠れる場がないとされる監視技術が高度に発達した現代において、飛行機が見つからないのは解せなかった。

このニュースが正しいのであれば、すべて納得がいく。見つからない理由も納得。

要は、マレーシア航空は、パイロットがテロリストで、自爆テロ(積荷の中に何かやばいものを積んで)をやろうとしていた。攻撃場所は、インド洋のディエゴガルシア基地。ここは米軍の秘密基地で、中東に展開する米軍を掌握する中枢。イスラムの過激派にとっては、ここを潰せば、米軍に大打撃を食らわすことができる。だから、自爆テロを目的に、マレーシア航空はここを狙って飛んで行った可能性がある。

そもそも抵抗飛行(レーダーをかわす飛行)をすること自体が、米軍基地を狙っての飛行である。ただし、途中でバレたのだろう。それを察知した米軍は、すぐさま撃退。撃退というより撃墜。それで海の藻屑と消えた。米軍がやったとなれば、それはそれは国際批判をまともに受けるわけで、この事実を隠すしかない。だから、行方不明機も見つからない。見つけられない。見つけてはいけない。

というわけで、ディエゴガルシア基地への自爆テロ攻撃が真相であれば、すべてが納得。辻妻が合う。ちなみにディエゴガルシア基地は、以下のようなところ。




米軍の秘密基地(ディエゴガルシア島)

ディエゴガルシア島(Diego Garcia)は、インド洋に浮かぶイギリスの属領でチャゴス諸島中の一環礁である。



gtop21.jpg

ディエゴガルシア島


イギリス政府によって、島全体がアメリカ合衆国に貸与されており、同国の海軍基地がある。インド洋にあるアメリカ軍最大の拠点であり、湾岸戦争やアフガニスタン攻撃、イラク戦争の際に、B-52戦略爆撃機、B-2ステルス爆撃機などがここより出撃した。アメリカの軍事戦略上の要衝である。

転載元:
ディエゴガルシア島





(追記)

ネット上ではいろいろな陰謀説が流布されている。いくつか列挙してみよう。

1.飛行機には宇宙に関するトップシークレットを知る科学者(20名以上)が搭乗していた。この科学者たちはトップシークレットをバラそうとしていたので、米国は撃墜した。

2.米政権は間接的にマレーシア航空機370便をハイジャックした。核兵器を積んでディエゴガルシア島経由でイスラエルからフロリダへ飛ばせた。そしてこの航空機はオランダへ向かった。”核テロサミット”のために集まった世界中のリーダーに対する脅迫に使うため。そしてオランダ空軍に阻止された。

3.失踪したマレーシア航空のボーイング機は米国に捕まえられ、ディエゴ・ガルシアの米軍基地に着陸させられた。米国は、乗客の中の20人の中国人に目をつけていた。彼らは中国の研究者。彼らは飛行機を100%見えなくする技術で特許をとっていた。この技術の創案者を確保するために米国がボーイングを掠奪した。

4.マレーシア航空をどこかの国に不時着させた。いずれ、何かを積載させ、2001年の9.11のようなテロに用いる。そのためにハイジャックした。

5.宇宙人に誘拐された。月の基地にもっていかれた。



とまあ、次々と陰謀説が流布されているが、どれも面白いのだが、どれもわけわからん。

1の説:有り得る話だが、宇宙情報という時点で????

2の説:ずいぶんと手が込んでいる。そこまでやるかね?マレーシアの飛行機を使わなくても、核兵器で脅すならば他に方法があるだろうに。飛行機を使うにしても近場の飛行機を使って突っ込ませればいいわけで・・・
わざわざマレーシア航空を遠隔操作でハイジャックして、そのあと、核兵器を積荷して、フロリダ経由でオランダへ飛ばすメリットがわからん。

3の説:中国人がそんなの開発できるかね?そもそも世間を騒がせるような事件、いわゆる飛行機をハイジャックする事件を起こすぐらいなら、買収すればいいじゃん。買収に弱い中国人ならイチコロ。

4の説:イスラム過激派はテロに使える飛行機を製造する技術がないから、彼らが犯人ならばハイジャックするだろう。しかし、911テロは米国の自作自演であり、飛行機も軍事用の飛行機がペンタゴンやツインタワーに突っ込んでいる。もし、闇の勢力がやったのならば、わざわざハイジャックするかね?ボーイング社に作らせれば足りる。しかし、イスラム過激派に盗ませたと思わせる目的で、マレーシア航空をハイジャックしたのならば、筋は通る。

5の説:もっとも面白い説だが、もっとも有り得ない説。







マレーシア航空370便_ケッシュ財団_小保方晴子とSTAP細胞マレーシア航空370便_ケッシュ財団_小保方晴子とSTAP細胞
(2014/04/12)
ベリー西村

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : マレーシア航空 自爆テロ ディエゴガルシア島

ねじめびわ茶
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト