スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム戦争と麻薬

最近、知ったのだが、ベトナム戦争というのは、麻薬をアメリカに広めるための戦争だったということ。ベトナム戦争が長引いたのもそれが理由のようだ。

まあ、そういった話はチラホラとネットには出ていたのだが、問題は、ベトナムからアメリカへ麻薬を輸送する手段だ。どうやら死んだ兵士の遺体の中、または棺桶の中に詰めて送ったらしい。

インドシナは麻薬産地として有名で、実際、ベトナムでは米兵の間で麻薬が流行した。戦争での極度の緊張を和らげるために、米兵は麻薬に走った。

それにしても現地の兵士だけでなく、遺体の中に麻薬を入れてアメリカに輸送し、アメリカに麻薬を蔓延させるとは、恐れ入った。

結局、麻薬は闇の勢力の資金源になっており、その売上を上げるためには戦争も起こすし、戦争を長引かせる。それで、米財政が赤字になろうが関係ない。自分達の利益さえなれば、それでいい。とんでもない連中である。

ところで、ベトナム戦争と麻薬に関する暴露本があったら、誰か教えてほしい。ぜひ、読んでみたい。




闇の世界史―教科書が絶対に教えない闇の世界史―教科書が絶対に教えない
(2005/01)
ウィリアム・G.カー

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ベトナム戦争 麻薬

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト