スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボラウィルス・ワクチン、2015年にも登場の見通し

エボラウイルス・ワクチン、2015年にも登場の見通し WHO

【8月10日 AFP】世界保健機関(WHO)は9日、西アフリカを中心に猛威を振るっているエボラウイルスのワクチンの臨床試験が近く開始される見込みであり、早ければ来年の早い時期にも広く利用されるようになるとの見通しを示した。

WHOのマリーポール・キーニー(Marie-Paule Kieny)事務局長補はAFPに対し、「現実的(な見通し)だと思う」と語った。

WHOのジャンマリー・オクウォベレ(Jean-Marie Okwo Bele)予防接種・ワクチン・生物学的製剤部長も同日、フランスのラジオ局RFIに対し、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline、GSK)が来月にもワクチンの臨床試験に着手するもようだと述べ、ワクチンの商用利用に楽観的な見通しを示した。

エボラ出血熱には現在のところ有効な治療法もワクチンもなく、最も致死率の高い感染症の1つとなっている。(c)AFP

転載元:
http://www.afpbb.com/articles/-/3022747



2015年にはワクチンが実用化されるのか。それはそれは良いことだ。
というか、もっと早く作れたのに、今まで何をやっていたのか?

どうせアフリカ人が死ぬだけだし、ワクチン作ってもアフリカ人相手に売るだけで、製薬会社にとっても売上にならないから、何もしなかったんだろう。

逆に今回は世界的パンデミックの恐れがあり、自分たちもエボラに感染する可能性があるので、また、製薬会社もワクチンで大儲けできるチャンスだから、それで急いで実用化する動きに出たのだろうね。

それにしても、今回のエボラだが、飛沫感染するらしい。

以下のサイトなんかは、空気感染すると言ってる。正確には飛沫感染だろうが。




(概要)

エボラ・ウイルスが空気感染することが確認されました。WHOのトップが今回のエボラ・ウイルスは今までにない特性を持っており空気感染することが確認されたと伝えました。

しかし大多数の人がこのような情報を得ることができません。なぜなら、彼らは、テレビのニュースを鵜呑みにしているからです。主要メディアはエボラ・ウイルスに関して、真実の報道をしていません。彼らは嘘をついています。同時に米政府も嘘の情報を流しています。

今回のエボラ・ウイルス騒動は米政府が裏で仕組んだものだと思っています。政府に、エボラ・ウイルスは空気感染するのかと質問しても、政府は、まだウイルスの検査ができていないので良く分からないが空気感染はしないだろうと答えるでしょう。

つまり政府はウイルスの検査を行うために2人のエボラ感染者をアフリカから帰国させたのです。

ではカナダ政府はどのように伝えているのでしょうか。

カナダ政府は、感染者に接触或いは接近するとエボラウイルスに感染する恐れがあり、さらには、感染した動物に接触或いは接近してもエボラウイルスに感染する恐れがある、と伝えています。

つまりエボラに感染した猿などが人間にエボラを移すということです。

また、カナダ政府は空気感染の恐れがあるため、死亡した感染者の取扱い(例えば、お葬式など)には十分注意が必要であるとも言っています。

エボラ研究施設では、霊長類の間でエボラ・ウイルスが空気感染すると100%確認されています。

米政府はエボラウイルスがアメリカで拡散されると、突然、米国民に(有毒)ワクチンを強制的に摂取させるかもしれません。十分警戒が必要です。各人がエボラ・ウイルスに感染しないように予防をしてください。

転載元:
エボラ・ウイルスは空気感染することが確認されました!



空気感染と飛沫感染をごちゃ混ぜにしているようだが、真相は飛沫感染。いわゆるクシャミや咳などのしぶきによって、周囲の人に感染するということ。

上記のネタ元はカナダ政府の発表だが、実際にカナダの研究者グループが行った「豚から猿へのエボラ感染実験」では、空気感染ではなく飛沫感染が確認されている。

▼豚と猿のエボラ感染実験▼
http://kenkounews.rotala-wallichii.com/ebola_air-borne/

この記事も「空気感染」と書いてあるが、これは空気感染じゃなくて飛沫感染。豚から猿へ「しぶき」が飛んで感染したということ。


さて、来年にはワクチンが普及するわけで、来年までエボラを西アフリカだけで封じ込めれば、世界的パンデミックは避けられるだろう。しかし、来年ワクチンが普及する前に、エボラが世界中に拡散したら、はたして人類は持つかどうか?

まあ、人類は持っても、それ以前に世界経済が滅茶苦茶になって、大混乱になるだろうけど。



ウイルスと感染のしくみ なぜ感染し、増殖するのか、その驚くべきナゾに迫る!! (サイエンス・アイ新書)ウイルスと感染のしくみ なぜ感染し、増殖するのか、その驚くべきナゾに迫る!! (サイエンス・アイ新書)
(2013/09/18)
生田 哲

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : まぢかよ!?
ジャンル : ニュース

tag : エボラウィルス ワクチン パンデミック 空気感染 飛沫感染

ねじめびわ茶
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト