スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア大統領機と間違えちゃった??酒に酔ってればそうなるだろ!

ロシア航空局筋の情報によれば「本当の撃墜目標はロシア大統領機」

マレーシア航空ボーイング777機は、ウクライナ軍機により撃墜されたが、本当の目標はロシア連邦大統領機だったと思われる。ロシア航空局筋の情報を引用してインターファクス通信が伝えた。

 それによれば、ロシア大統領機とマレーシア航空機は、同じポイント及び同じレベルで交差したとの事で、情報源の人物は「それが起きたのは、ポーランドの首都ワルシャワ近郊、高度1万100m、レベル330の場所で、ロシア大統領機は、モスクワ時間で16時21分、マレーシア航空機は15時44分に、その場所にあった」と指摘した。  なお両機の外形・大きさは似ており「かなり遠くから見た場合、事実上ほとんど同じ色に塗られている。」

転載元:
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_18/274776108/



なるほど。これが狙いだったのか。しかし、失敗。別の飛行機を撃墜してしまった。
もうね。ウクライナ軍は馬鹿丸出しだからね。酒飲みながらミサイルぶっ放したようでww
酔拳の使い手ならばわかるが、何やってんだろうね?
10年前にもウクライナ軍は、間違って民間機を撃墜した実績を持つ。
この低脳ぶりはいったい・・・
もう、使えんよ。

ところで、アメリカの偵察衛星は、この日時にウクライナ上空にいた。もう、これは偶然じゃないでしょ。何かが行われることを予めアメリカは知っていたと思われる。


米国の人工衛星には全てが見えていたか?

 カルタポロフ中将によれば、事件の起きた時刻にちょうど、ウクライナ上空を米国の人工衛星が通過している。
「これが偶然なのか、それとも違うのか。だがマレー機の事件の発生時刻と米国の人工衛星がウクライナ領域を観測していた時刻が一致している」

転載元:
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_22/274939689/



ちなみに、海外の某ジャーナリストは、自らのコネクションを使って、この偵察衛星が撮影した映像を見ることができた。そのジャーナリストが言うには、犯人はウクライナ軍であり、さらにブーク周辺には酒ビンが転がっており、明らかに酒を飲んでミサイルをぶっ放したことがわかったという。




ウクライナ欧州動乱 第2次東西冷戦の火薬庫ウクライナ欧州動乱 第2次東西冷戦の火薬庫
(2014/03/03)
ティム イーミット

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 酔拳 ウクライナ マレーシア航空

ねじめびわ茶
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト