スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボラ熱に対する数々の疑問

アングル:エボラ熱に残る複数の疑問、専門家が警鐘

3日 ロイター] - 米政府当局者らは、エボラ出血熱の鍵となる事実を研究者が分かっていると自信を見せている。しかし専門家らは、感染拡大を防ぐのに不可欠な多くの疑問が、依然解決されていないとみている。

ワシントンの米医学研究所で3日に開催されたセミナーで、専門家らは、すべての分からない点には何らかの結果が付随すると強調。弱い科学的根拠に基づく政策は愚かであり、危険だとの見方を示した。

例えば、エボラ熱は発症者の体液に接触し、目や鼻や口から粘膜や血流を通じて感染すると考えられている。しかし、出血熱の専門家であるテキサス大学医学部のトーマス・クスィアゼク博士は、傷のない皮膚からも感染する可能性を排除できないと指摘する。

2つ目の重大な疑問は、発症していない人からも感染するかどうかだ。過去何カ月もの間、米国内外の公衆衛生当局者らは、感染しないとしてきた。

だが、そのような「無症状の感染」が起きる可能性は大いにあると、小児感染症が専門であるユタ大学のアンドリュー・パビア博士は指摘。また、感染量はウイルスの体内への侵入方法によるのかどうかも専門家は分かっていないと述べた。

3つ目の不明な点は、発症までの潜伏期間が、接触した体液の種類によって違いがあるかどうか。もし違いがあるとするなら、血液よりも唾液に接触した人の潜伏期間は、これまで最大だとされてきた21日間よりも長い可能性がある。

テキサス大医学部のウイルス学者であるC・J・ピータース博士は、21日間は1976年にエボラ熱が初めて確認されたときの最大の潜伏期間だったとし、21日間を超えても5%が感染する可能性があるとの見方を示した。

また、体温が38度までならウイルスは人にうつらないと考えられているため、保健当局者は感染の恐れがある人の検温の重要性を強調する。しかし実際に何度の体温で感染し始めるのかは全く不明だと、米連邦労働安全衛生局のマイケル・ホッジソン博士は指摘した。

環境的な問題も残されたままだ。エボラウイルスを除染するのに、泡状、ガス、液体のどれが最も効果的なのか分かっていない。下水道でウイルスが生き残る可能性も不明であり、米環境保護庁国土安全保障研究センターのポール・レミュー氏は、ネズミが「感染する可能性もある」と語った。

(原文:Sharon Begley記者、翻訳:伊藤典子、編集:宮井伸明)

転載元:
アングル:エボラ熱に残る複数の疑問、専門家が警鐘



●エボラに対する疑問をまとめてみた



◆傷のない皮膚からも感染する

これは以前からネット上で噂されてきたことで、防護服を着用していた看護婦や医者が次々と感染していることからも、これは有り得る。そもそもアメリカの看護師がエボラに感染した際、手袋が顔にちょっと触れた程度で感染したわけで、明らかにおかしい。


◆エボラは発症しないと人人感染を起こせないとのことだが、無症状でも人人感染を起こせる



◆潜伏期間が21日以上~


◆下水でもエボラは生き残る

以前、2ちゃんねるに登場したエボラ研究者によれば、下水でもエボラは感染力を保持しているとのこと。もし、これが事実であれば、ネズミにもエボラは感染するわけで、ネズミを経由して感染が拡がる可能性がある。また、ハエを経由しても拡がるだろう。エボラに汚染された糞尿にハエが集り、そのハエがエボラを運んで人や食べ物に付着すればどうなるか?

▼2ちゃんに登場したエボラ研究者による報告▼
http://doushiseirin.blog110.fc2.com/blog-entry-1832.html


以上が上記の記事で指摘されていることだが、さらに他にも疑問点がある。



◆1976年、ザイールで初めて確認されたエボラウイルスでは、現地に調査に入った研究者グループは防護服を着用してなくてもエボラに感染しなかった。しかし、現在のエボラは感染力が格段に上がっており、防護服を着用しても感染する。ちょっとした飛沫でも感染してしまう。

当初のエボラは濃密な接触感染のみで、血液や体液などを通してしか感染せず、飛沫感染はなかった。しかし、現在のエボラは飛沫感染が起こっており、当初より進化している。エボラは進化し続けている。ということは今後、さらにエボラが変異し、空気感染するスーパーエボラに変わる可能性もあるということ。そうなったら人類は終わる。(ちなみにエボラの仲間であるエボラレストンは人間には毒性はないが、空気感染することが判明している)



◆エボラは世界各地に突然出現し、突然消える。また、エボラの自然宿主は蝙蝠とされるが、未だに蝙蝠からエボラウイルスが発見されてない。各国の研究者がジャングルに入って何十年もエボラを保有している蝙蝠を探しているが見つからない。

エボラは蝙蝠から誕生したウイルスではなく、どこかの研究所で開発された生物兵器の可能性あり。エボラはエボラに似た何等かのウイルス(人間には毒性がほとんどない)を元にして開発した?



ホット・ゾーン――「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々ホット・ゾーン――「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々
(2014/09/25)
リチャード・プレストン

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

tag : エボラ ウイルス

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト