スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア産のハーブ抽出成分(テトランドリン)がエボラウイルスに有効だった!!

アジア産のハーブ抽出成分、エボラウイルスに有効か 研究

2月27日 AFP】アジア原産のハーブから抽出された分子「テトランドリン」には、エボラウイルスが人体の細胞に侵入するのを防ぐ働きがあり、感染阻止に役立つ可能性があるとの研究論文が、26日の米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

 テトランドリンは、アジア原産のハーブの一部に含まれるカルシウムチャンネル遮断分子。テトランドリンを用いたエボラウイルスの研究は、まだペトリ皿や実験動物で行われている段階にすぎないというが、これまでに得られた成果は、霊長類での試験とその後に行われる可能性のある人間での臨床試験の正当性を裏づけるものとなっていると論文の執筆者らは述べている。

 米テキサス生物医学研究所(Texas Biomedical Research Institute)などの研究チームは、エボラウイルスが細胞内に入り込むのを阻止するのに最も有効な小分子を見つけることを目指して、高血圧症の治療に用いられている既存の薬剤数種を詳しく調べた。研究チームによると、試験した化合物の中で最も有効性が示されたのは、マウスを感染から守り、明白な副作用もなかったテトランドリンだったという。

 同研究所の免疫ウイルス学部門の科学者で、ユーイング・ハルセル(Ewing Halsell)ファウンデーションのロバート・デービー(Robert Davey)研究員は、「マウスでの試験でこの薬剤はウイルスの複製を阻止し、マウスの大半を感染から救った。エボラウイルスに対して有効なワクチンと治療法の探求に世界中の科学者らが総力を挙げて取り組む中、今回の研究がもたらした探求の前進と加速に対して非常に大きな興奮を覚えている」と述べた。

 世界最大規模の大流行で2013年以降、西アフリカを中心に9000人以上の死者を出しているエボラ出血熱を治療するための市販薬は存在しない。

「われわれは慎重ながらも楽観している。今回の研究過程における次の段階は、人間以外の霊長類で、テトランドリンとエボラウイルスとの相互作用における安全性と有効性の両方を試験することだ」とデービー氏は説明した。

 今回の論文には、米テキサス大学医学部ガルベストン校(University of Texas Medical Branch at Galveston)、独ルートビヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(Ludwig-Maximilians-Universitat München)のミュンヘン統合タンパク質科学研究センター(Center for Integrated Protein Science Munich、CIPSM)、米サウスウェスト研究所(Southwest Research Institute)の共同執筆者が名を連ねている。(c)AFP

転載元:
アジア産のハーブ抽出成分、エボラウイルスに有効か 研究



テトランドリンが抽出されるハーブを調べてみたら、シマハスノハカズラ(学名:Stephania tetrandra S Moore)という植物から抽出できるようだ。聞いたことがない植物だが、以下の生薬一覧を見ると防已(ボウイ)という生薬が、この植物を使っていることがわかった。

▼漢方代表生薬▼
http://www.asahi-net.or.jp/~yq6k-srtn/datashouyaku03.htm

生薬:防已(ボウイ)
基元:シマハスノハカズラ(ツヅラフジ科)の根
成分:テトランドリン、ジメチルテトランドリン、ファンキノリンなど
作用:利尿、止痛(関節痛)、鬱血性心不全改善、抗炎症


boui.jpg

テトランドリン含有のシマハスノハカズラ




あるじゃないか。と思いきや・・・
実は、上記のテトランドリンが含まれる漢方薬「防已(ボウイ)」は、中国で売られている漢方薬「防己(ボウキ)」で、日本の漢方薬「防已(ボウイ)」ではない。日本の「防已(ボウイ)」には、シマハスノカズラは使用されておらず、代わりにオオツヅラフジが使用されている。オオツヅラフジには「テトランドリン」は含有されていない。

そこで、シマハスノカズラを使用している中国の漢方薬「防己(ボウキ)」が日本で売られているかどうかを調べてみると、これが存在しない。日本ではシハマスノカズラの中国の防己(ボウキ)は売られてない。それどころか日本に輸入されてもいなかった。非常に残念なことだ。というか、輸入しろよ!!ボケ!!


▼注意:中国の防己と日本の防已の違い▼

中国の生薬名:防己(読:ボウキ)
日本の生薬名:防已(読:ボウイ)

*漢字と読みが違う。中国は「己(キ)」、日本は「已(イ)」。


以下、参考までに

防已と清風藤の錯誤



本来「防已」といえば寒涼性の「漢防已」あるいは「粉防己」(原植物はツヅラフジ科のシマハスノカズラ Stephaniatetrandra S. Moore)が使用されるべきものである。

 しかしながら残念なことに近年、間違ってアリストロキア酸を含有する「広防己(Guangfangji)」(Aristolochia fangchi Y.C. Wu ex L.D. Chow)を使用して腎障害が発生する事故のために、アリストロキア酸を含有しない粉防已や漢防已まで敬遠されたかの感がある。

 ところで問題は日本国内で防已といえば、すべて清風藤が用いられており、アリストロキア酸を含有しない粉防已や漢防已はまったく採用されないことである。

 日本では防已といえばすべて日本薬局方で定めるオオツヅラフジ Sinomenium acutum Rehder et Wilson (Menispermaceae)のつる性の茎及び根茎に限定されている。

 このオオツヅラフジは中医学における清風藤に該当するもので、中医学における防已としては使用されない。それもその筈で、両者は寒熱に違いがある。

 本来の防已は辛寒で苦味の性味で、帰経は膀胱、脾、肺、腎。袪風止痛、通経活絡、利水退腫の効能であり、清風藤は辛温で苦、帰経は肝、脾。袪風除湿、通経活絡、散瘀消腫で、両者は類似点が非常に多いものの、寒熱が異なることに大きな違いがある。

 だから実際問題として、日本でもしばしば繁用される防已黄耆湯を用いる場合、変形性膝関節症において、患部の寒熱の状況によって効能に大きな差が出てくることになる。

 数十年前までは、清風藤を用いた日本の防已黄耆湯がよく奏功する変形性膝関節症にしばしば遭遇したものだが、昨今の温暖化により患部に熱を持つ膝関節症が増えており、明らかに防已黄耆湯証と思われる場合でも、石膏や地竜を加えるなどして清風藤の温性を打ち消す工夫をしなければ 効果を発揮しない事態が頻出するのである。

 願わくば寒涼性の正式な防已である粉防已や漢防已が厳密な検査を経て、日本薬局方に採用され、本当の防已黄耆湯が製造できる体制を整えて欲しいものである。

転載元:
日本漢方における 防已と清風藤の錯誤




エボラの正体エボラの正体
(2015/01/09)
デビッド・クアメン、西原智昭(解説) 他

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : テトランドリン 防已 シマハスノカズラ

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト