スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【防災の知識】大地震に備えて家庭で準備しておくこと

備えをムダにしないために!今すぐ始めるべき「防災ピクニック」とは

東日本大震災から4年。あの震災をきっかけに、災害への備えが重要だと再認識した方は多いのではないでしょうか。地域の避難場所を調べたり、自宅に防災用品を備えたり、という方もいるでしょう。

ですが、その備えは、いざというときに使えるものでしょうか? 避難場所を知っている、モノがある、だけでは“その時”に使えないかもしれません。それでは意味がないですよね。

できれば、その備えが自分の家族に合ったものかどうか、十分なのか、ということを、非常時でないときに試しておきたいもの。そんな方法として、最近“防災ピクニック”が注目されているのをご存知でしょうか。

今回は、親子で気軽に始められて、防災意識を高めることもできる“防災ピクニック”について、NPO法人ママプラグの書籍『災害時に役立つサバイバル術を楽しく学ぶ 防災ピクニックが子どもを守る! (家族・教育・生活)』を参考にお伝えします。


初心者は、非常食を持参するだけでOK

“防災”という言葉がつくと、ハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。防災ピクニック初心者は、まず、近所の公園に遊びに行くふつうのピクニックの昼食に非常食を持参することからはじめてみましょう。

実際に、昼食に非常食を食べてみることで「子どもが持参した非常食の味を嫌がった」、「缶切りがなくて缶詰めが食べられなかった」といった、さまざまなことに気づくことができるのです。

もちろん「この非常食おいしい!」というものが見つかることも。こんな風に、何度か野外で食べながら、自分の家族にふさわしい非常食の備えを見つけてみましょう。また、食事に関しては、慣れてきたら、野外での調理を経験しておくのもおすすめです。非常時でも献立の幅が広がるでしょう。


非常持ち出し品を持って歩く

ちょっと慣れたら、非常食だけでなく、非常持ち出し品を入れたバッグ、リュックなどを持って、親子で避難場所まで歩いてみましょう。

実際に持って歩いてみると「非常持ち出し品が重すぎる」、「リュック型が楽かも」、「乳児を抱いて荷物を背負うのはつらい」などといった、さまざまなことに気づくでしょう。また、実際に歩くことで、歩きにくいところや、危険なところをあらかじめ見つけておくことができるのです。


野外での試しで気づきを共有

目的地では、持参した防災グッズも試してみましょう。いざというときにはじめて使うのでは、使い方がわからずパニックになってしまうかもしれません。また、不便な野外だからこそ、衣類、赤ちゃん用のグッズなど、足りないものがあることにも気づけると思います。

防災ピクニックは、お友だちの親子などと一緒に大勢でやってみると、より効果的。「他の人が持っている非常食やグッズの方がいい」、「このグッズはあまり使えない」、「代用品があるかも」など、人が増えれば気づきも増えるはず。この気づきを共有して、家族の防災へ活かしてみるのがおすすめです。

いかがでしたか? 親子でピクニックを経験すれば、備えが万全になるだけでなく、親子の防災意識を高めることができそう。そのときに命を守るために、ぜひトライしてみてくださいね。

転載元:
http://news.mynavi.jp/news/2015/03/07/282/



防災ピクニックというのは、面白い発想。家族がいる人はやってみる価値があると思う。








ところで、数年前、私は池袋の防災博物館に行って防災訓練を受けたことがある。これは良い訓練になった。防災博物館の防災訓練はオススメ。

▼池袋防災博物館▼
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ikbskan/index.html

(防災訓練におけるポイント)

ポイント①:意外と知らない消火器の使い方と火の消し方
消火器は火の根っこに当てること。火の根っこに当てないと火は消えない。また、火が天井まで伸びたらアウト。火が天井に伸びると火は家全体に広がるので、消火器で消化するのは無理。そうなった場合、即刻、その場から退避すること。


ポイント②:火事の時、安全に脱出する方法
家が火事になった場合、火より警戒しなければならないのが煙。家裁道具や家の壁が燃えると有毒ガスが出る。その有毒ガスが最も怖い。煙は3回吸ったらアウト!!

1回吸う:めまいが生じる
2回吸う:動けなくなる
3回吸う:意識喪失

というわけで、煙を3回吸ったらアウトなので、絶対に煙は吸ってはならない。その対策として、ゴミ袋に空気を入れてそれを頭からかぶる。大きめのゴミ袋ならば3分ぐらいは呼吸は持つ。ゴミ袋をかぶれば煙に巻かれても大丈夫。ゴミ袋をかぶって姿勢を低くしながら家の外へ出る。その際、ゴミ袋は閉める必要はない。かぶるだけで良い。煙は高い所を漂うので、姿勢を低くしていれば、ゴミ袋を閉めなくても煙は入ってこない。(本当はガスマスクがあるとベスト)

ガスマスクはこちら ⇒ メガネと併用可 M04 ガスマスク型 ファン付 フェイスゴーグル フェイスマスク BK


ポイント③:地震の体験
震度5、震度6、震度7を体験できる。体験してわかったことは震度6以上は思ったほど大したことがない。揺れのひどい田舎の電車に乗っているような感じ。ただし、家裁道具が倒れるのは間違いないので家裁道具は転倒防止の措置を施すことが必要。ちなみに地震の際、木造建築の2階建て家屋は、2階は潰れず、1階が潰れる傾向にあるので、寝室は2階にするのが良いとのこと。

家具の転倒防止はこちら ⇒ 家具転倒防止圧着Wポール KBW-M



災害時に役立つサバイバル術を楽しく学ぶ 防災ピクニックが子どもを守る! (家族・教育・生活)災害時に役立つサバイバル術を楽しく学ぶ 防災ピクニックが子どもを守る! (家族・教育・生活)
(2014/02/21)
ママプラグ

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 地震と津波の防災
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 防災訓練 防災ピクニック

ねじめびわ茶
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト