スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大衆をコントロールする心理作戦

(カタルシス効果)
暴力映画やテレビによる疑似体験を通じて、自身の満たされない欲求(暴力を振るいたい)を満たす。ストレス発散によって社会に対する不満を解消する。


(代償行動)
社会に対するストレスや不満を「飽食」(豊かな食事を提供すること)によって代償させる。代償することでストレスを発散させる。代償行動は、スポーツや娯楽も含まれる。ジムに行って汗をかくことで、ストレスを発散させる。


(骨抜き作用)
古代中国において、女性の「陰門」には兵士の戦う気概を損ねる心理的作用があるとの言い伝えがある。実際、ある城が敵軍に囲まれ、今にも攻められそうになったとき、城壁の上に女性たちを並べ、女性器を見せた。これにより敵側の戦意は喪失し、城を攻める気力がなくなったという。その隙を狙って、城側の軍が一挙に撃って出て、城を包囲していた敵軍を殲滅させたという。その効果を現代に生かすとすれば、エロ画像やエロ動画をネットやDVDを使って流すことによって、社会の男性たちの戦う気概を損ねればいい。そうすれば社会に対する不満や支配者に対する抵抗も消えていくだろう。


(スケープゴート)
グループや組織を安定的に維持にするには、組織内の誰かを生贄にすることが必要。それによりグループや組織の安定が保たれる。これはスケープゴート理論と呼ばれるもので、アメリカの人類学者ヘンリーが発見した。日本でいえば、毎度ニュースに流される政治家のスキャンダル、小保方氏や野々村議員のような変り種を叩くなどは、社会の安定にとっては必要。ああなってはいけない、と皆が思い込み、自然と社会全体がまとまる。北朝鮮、サウジ、ISISなどは、処刑をがんがんやっているが国全体をまとめるために敢えてやっている面がある。


(コーシャスシフト)
独断で決めるのではなく、全ては話し合いで決めることを徹底させることで、コーシャスシフトへ誘導する。コーシャスシフトとは、集団の意見が何もしない現状維持的な方向へ行ってしまうことを言う。これは何かを決めるときに個人より集団で話し合ったときの方が、慎重な意見に統合されやすいことを指す。ある種の心理的作用が働いてそうなる。日本の議会政治はほとんどがこの状態。逆にISISなどのような危険な組織はリスキーシフトが起こる。リスキーシフトとは集団の意見がより過激な方向へ行ってしまう現象。ベンチャー企業や反社会的組織に見られる。


(ダブルバインド)
ダブルバインドとは矛盾する二つのメッセージを与えることで、与えられた側がどうして良いのかわからなくなり、何も判断できなくなることを指す。例えば、評論家Aの言っていることと評論家Bの言っていることが全くの逆の場合、視聴者はどう判断すべきかわからなくなり、かえって問題の本質が見えなくなる。テレビの企画番組では、常に左右真逆の意見を戦わせ、あとは視聴者の判断にお任せするといった内容の番組が多くあるが、この手法は視聴者を迷宮へ誘い、問題の本質をわからなくさせる。




マインドコントロール  日本人を騙し続ける支配者の真実マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実
(2009/12/07)
池田整治

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

tag : ダブルバインド カタルシス効果 代償行動 コーシャスシフト スケープゴート

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト