スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立競技場の問題点&その形状

新国立競技場:経費高騰「承知せず」 安藤氏、現行案継続を希望
毎日新聞 2015年07月16日 東京夕刊

 総工費が2520億円に膨らみ、見直しを求める意見が高まっている2020年東京五輪・パラリンピックの主会場の新国立競技場の建設で、デザインを選定した建築家の安藤忠雄氏(73)が16日、東京都内で記者会見した。安藤氏は現行案を残しながら経費削減に向けた見直しは必要との認識を示したが、巨大な構造物を備えたデザインを選んだことと経費高騰の関連性は否定した。

 安藤氏は、建設主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が国際デザインコンクールを実施して12年11月、イラク出身の女性建築家、ザハ・ハディド氏のデザインに決めた際の審査委員会の委員長。安藤氏は「選んだ責任はある。ただ2520億円になり、もっと下がるところがないのか私も聞きたい。一人の国民として何とかならんのかなと思った」と述べ、見直しを求めた。その一方で「ザハ氏を外すわけにはいかない。そうでないと国際的信用を失う」と強調した。

 巨大な2本の弓状のキール構造で開閉式屋根を支えるデザインが経費高騰の要因となったが、五輪招致が決まった13年9月の時点で審査委員会と設計の関わりが終了しており、その後の総工費高騰には「消費税増税と物価上昇に伴う工事費の上昇分は理解できるが、それ以外の大幅なコストアップにつながった項目の詳細、基本設計以降の設計プロセスについて承知していない」と関与を否定した。

 選定時は1300億円の予算を前提に決定。技術的に困難な構造である上、資材や人件費の高騰を受け、総工費は昨年5月の基本設計時の1625億円から2520億円に増えた。デザイン選定の理由について安藤氏は「アイデアがダイナミックで斬新でシンボリックだった。16年五輪招致に敗れ、20年は勝ってほしい思いがあった」と述べ、斬新なデザインが五輪を勝ち取る上で重要な役割を果たしたとの認識を示した。

 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で「整備額が大きく膨らんだ理由について国民の皆さんに説明が足りなかった」と述べた。建設計画の見直しについては「現時点では決定していない」とした。【藤野智成】

転載元:
http://mainichi.jp/shimen/news/20150716dde001050069000c.html



(新国立競技場の問題)
・財源確保の見通しが立ってない ( ← 増税するしかない)
・資材を運ぶ道路がない ( ← 根本的な問題、道路を整備するのにさらに莫大な費用が・・)
・景観が崩れる ( ← 道行く人から見れば単なるコンクリートの壁)
・建設する時間がない
・建設するノウハウがない ( ← 入札の際、建設業者もビビッて逃げるほど)
・現時点で設計図もない ( ← 設計図がないから本当の予算は不明。さらに増える可能性大)
・責任者不在、部分々々のプロジェクトだけが存在する ( ← 本当は下村文科大臣が責任者)
・サブトラックもない ( ← ウォーミングアップする場所がない、だからオリンピック後の高校総体や全国中学生大会など陸上競技大会が開催できない)


(完成後の問題)
・毎年の維持管理費だけで46億円かかる(旧国立競技場の年間維持費は4億円)。
・キールアーチ上の特性からして年数が経つに連れて毎年の維持費はどんどん増える
・完成後30年間で建設費と同じくらいの改修費がかかる
・天然芝生の管理が難しい。天井があると太陽光が当たらないし、風通しも悪いので、芝生がグチャグチャになる。
・オリンピック後、収容8万人を埋めるスポーツ大会(陸上競技やサッカー)もほとんどないし、コンサートを開催するにしても8万人を埋めることができるミュージシャンがいない。そういう意味では建設費を回収できる見込みはない。そもそも天然芝生の養生のために、コンサートは年に12回しか開催できない。


(新国立競技場の裏側)
・デザインしたザハ・ハディドはアンビルドの女王だった。デザインが凄すぎて、コンペは通るが建物が建てられない。
・アーチが緩やか過ぎて上からの圧力に弱い構造になっている。構造的に問題あり。構造的に問題があるので、丈夫に作るのに莫大な費用がかかる。
・ザハ・デザインを選考したコンペ審査委員たちは、そもそも東京がオリンピック会場に選ばれるとは思っておらず、だから、建設費などあまり考慮せず、インパクトのあるザハ・デザインを選んでいた。


(過去のオリンピック会場建設費)
2012年 ロンドンオリンピックのメインスタジアム 650億円
2008年 北京オリンピックのメインスタジアム 430億円
2004年 アテネオリンピックのメインスタジアム 360億円


新国立競技場の建設費は2520億円以上!!

今後、さらに膨らむ見込み・・・・



新国立競技場




(デザインの問題)
さて、新国立競技場のデザインだが何かに似ていると思っていたが、やはりあれに似ていた!!
非常に言いにくいのだが…


「マ●コ」に似ている!

なるほど!!そういうことか。だから、選ばれたのか。
人間の心理は、「性」と「死」に反応するようになっている。
特に「性」に反応するから、デザイナーは、わざと「性」の要素をデザインに取り入れる。
その方が選ばれやすいし、売れるからだ。

例えば、コカコーラのボトルは、女性のウエストのくびれを真似て売り出した。そうしたら、商品が馬鹿売れた。また、某ドライヤーの製造業者は、ドライヤーの持ち手のサイズを意図的に男性器の太さと同じサイズにした。そうしたら馬鹿売れした。
このように意図的に性の要素をデザインに取り入れることで、人間の心理にインパクトを与え、物が売れるようになる。

このような発想で新国立競技場をデザインしたことはザハ・ハディドの写真を見ると…

彼女ならやりかねないと思った。



500px-Zaha_hadid_-_Flickr_-_Knight_Foundation.jpg
ザハ・ハディド







関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 新国立競技場

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト