スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ同時多発テロは予言(計画)されていた?

13日のパリ同時テロは完全に予言されていた!! 英紙「エコノミスト」の予言が的中!

images4rrbt19a_2.jpg

問題の表紙の右下部分、勢揃いした世界のリーダーたちを見上げる、ブロンドの女の子の足元に注目してほしい。地面に突き刺さった2本の矢、その羽根部分に「11.5」「11.3」と記されているのがお分かりだろう。ヨーロッパ式の表記で、これが日付を表しているとすれば、それぞれ「5月11日」と「3月11日」となる。そのため一部の人々は、これらの日に何らかの異変が起きると考えていたわけだが、それが大きなミスだった。

「11.5」と「11.3」を単純な数字に分解すると、「1・1・5・1・1・3」となる。そしてこの数字を並べ替えると、「15・11・13」となるではないか! そう、2本の矢は「2015年11月13日」に世界を揺るがす大事件、すなわちパリ同時テロが起きることを示していたのだ!!


『2015 世界はこうなる』の表紙には、「安倍首相の不在」、「ドイツ・メルケル首相のポーズ」など、ほかにも数々の謎が残されている。今年も残り2カ月を切ったが、まだ気を緩めることはできないだろう。テロで犠牲となった方々に哀悼の意を表するとともに、エコノミストが予言するさまざまな事態を想定し、私たちは真剣に対策を練らなければならない。
(編集部)

転載元:
トカナ


海外でも似たような記事が多数あり、エコノミストの予言が的中したと騒いでいる。予言というよりは、計画なんだろうが。計画・実行・そして成功ということだろうね。

実際、アリスの前にダヴィンチの絵画「ミラノの貴婦人」が描かれてあるが、これはパリのルーブル美術館に所蔵されている絵画で、場所(パリ)まで仄めかしていたわけだ。

「ミラノの貴婦人」とは?  ⇒ 
 こちら


それにしても、911テロもパリ同時テロも、世論誘導のために行われる仕掛けなわけね。
だから、エコノミストの絵には左横に「ハーメルンの笛吹き男」が描かれている。

ハーメルンの笛吹き男とは? ⇒ 
こちら


37969_20151123234416b0e.jpg



しかし、ここまで来ると嫌になっちゃうね。すべてが段取り踏んでやっているんだから。

ちなみにイルミナティカードにもそれらしきものがあるね。

これなんか、そうだね。


unlucky_13.jpg jihad.jpg



    


関連記事

テーマ : 予言に関するもの
ジャンル :

tag : パリ同時多発テロ

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト