スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震と大鯰伝説

大鯰

大鯰(おおなまず)は、巨大なナマズの姿をした、日本の伝説の生物。地下に棲み、身体を揺することで地震を引き起こすとされる。
古くは、地震を起こすのは日本列島の下に横たわる、あるいは日本列島を取り囲む竜だと言われていたが、江戸時代頃から、大鯰が主流になった。

鹿島神宮の祭神武甕槌大神は、大鯰を要石で押さえつけることで地震を鎮めるという。ただしこれは要石が鹿島神宮にあったことによる後代の見付で、武甕槌大神は本来は地震とも大鯰とも無関係である。


オオナマズ

転載元:ウィキより



最近、茨城でも地震が頻発している。先月(5月)は、やや大きめの地震があった。

さて、茨城といえば、鹿島や香取神宮がある。
そこには地震を惹起する大鯰を抑え込む「要石」がある。
つまり、茨城付近の地下に大鯰がいて、それを抑えるのが「要石」らしい。

私の知人で、九州在住の方がおり、その方から面白い情報を頂いた。
実は、熊本地震の震源域となった土地にも「大鯰伝説」があるという。

「今回の熊本地震・阿蘇の国造神社には鯰社というのが有りますが、震度7記録した益城町の隣にも嘉島町 鯰という地名があります。漢字は違いますが茨城(鹿島神宮)と同じ「かしま」ですね。おそらくここにも地下深くに鯰がいるのでしょうね。そして暴れだして阿蘇神社を崩壊。町を壊滅させてしまった。もともと阿蘇には巨大な火口湖がありそれが(今回の地震で崩落した阿蘇大橋のあたり)が決壊し干上がって現在の地形になったものだそうですが、その時湖にいた大鯰の神が流され嘉島に留まったのだとか。」 (九州在住の知人より)

中央構造線の西の端が熊本、東の端が茨城で、どちらにも大鯰伝説がある。不思議な偶然である。









関連記事

テーマ : 地震予知・地震対策
ジャンル :

ねじめびわ茶
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト