スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビア : カダフィが殺された3つの理由 衛星+アフリカ通貨基金+統一




報道が嘘っぱちであることが暴露されている。参考になる動画である。

さて、問題は以下である。

・リビア報道はデッチ上げ。ヤラセ。
参考 http://www.youtube.com/watch?v=HlUmCH3XW0A&feature=player_embedded

・NATO軍は軍事施設だけでなく、病院、学校、テレビ局など市民に対しても爆撃を行っていた。これは誤爆ではなく、混乱を惹起するために意図的に行われた。

・トリポリのデモは反カダフィではなく、NATOに対するデモだった。(報道とまるで逆)

・リビア攻撃はリビア周辺国のジャスミン革命の勢いを利用した侵略戦争。リビアの石油を獲得するため。

・リビアはアフリカのスイスといわれ、裕福な国だった。学校は無料、病院も無料。そんな国で反カダフィ運動が起こるとは考えられない。

・テレビに映し出された多くのデモは、反カダフィではなく、カダフィ指示のデモだった。

・反乱軍は組織されてない無法者の連中(アルカイダ)。また反乱軍同士で殺し合いもしている。反乱軍に加わった政治家は汚職政治家。

・反乱軍は逆らったものをレイプ、目をくり抜く、乳房を切り取るなど残虐行為を行っていた。
参考1 http://www.youtube.com/watch?v=3EK7Bm3-28w&feature=related
参考2 http://www.youtube.com/watch?v=0yQaUhCCMeE&feature=related

・国民評議会が実権を握っても、裏ではNATOが支配する。また、国民評議会では国をまとめることはできない。混乱は続く。






これも参考になる動画である。

・アフリカ所有の人工衛星

・アフリカ通貨基金の設立

・アフリカ統一経済

この3つがカダフィが殺された理由とのことだ。


<注意>
ただし、最後の中国擁護の発言はいただけない。欧米と中国の違いは、欧米がハードパワーで侵略してくるのに対し、中国はソフトパワーで侵略してくることである。侵略行為であることには変わりはない。
ただ単に欧米の方がやり方が荒いだけである。この動画を見て「中国=善」と勘違いしてはいけない。実際に多くのアフリカ人は中国の資源略奪外交に対して、憤りを感じている。この動画の黒人男性は、中国を仲間に引き込むために中国をヨイショしているだけである。


人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

ねじめびわ茶
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト