スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国型保険システムがもたらすもの


(一人のアメリカ人男性が、以下の内容を掲示板のトピックに挙げていました。)

現在、我が国の健康保険システムが、単なる巨大な金儲けのための陰謀にしか見えなくなっています。

僕は2週間に一度、89ドル(約7000円)の保険料を支払っています。勤め先の会社が50%支払ってくれるので、会社からも89ドルが保険料に支払われてい ることになります。これを計算すると僕個人の保険料は年間2314ドル(約18万円)支払われていることになり、すでに勤めている6年でだいたい13000ド ル(約100万円)ほど支払ったことになります。

自分は32歳で割りと若く健康で、医者の世話になることもそうありません。過去6年間に医者に行ったのは3回くらいだと思います。ところが昨日発疹があって、医者に行きました。40ドル(約3000円)の支払いをしたあと、4分ほどの診察で医師は僕に酒皶(しゆさ)性痤瘡"rosacea"という診断を下し、メトロジェルという抗菌薬を処方しました。

薬をもらいに薬局に行くと、その100mgのクリームは270ドル(約2万円)で、僕の保険会社は250ドルの控除額を設定していて、何の理由かよくわからないが最終的に支払う額は$199.84(約1.6万円)だと言いました。その親切な女性に、そのチューブ薬に払える200ドルを持っていないと説明して、手を震わせながらその場を去りました。

その後、話を短くすると…、家に帰り、きちんとした合法のネットの薬局をカナダで見つけました。そこで買ったのは2倍のサイズで送料を入れても70ドルでした。

保険のシステムクソ食らえだ。さらに我々の尊い国会の人々は、外国から薬剤を購入することを違法とする法律を制定しようとしているところです。そして驚くことでもないが、保険会社と薬会社がそれを推進しています。

引用元:http://labaq.com/archives/51712278.html (らばQ)



アメリカ型の保険システムが導入されると、このような惨状になる。もちろんTPPに参加したからといって、必ずしもアメリカ型保険システムに変わるわけではない。ただし、非関税障壁の撤廃が進めばこのような状態になるので、注意は必要。

さて、アメリカの医療保険は、なぜ、このような惨状なのだろうか?

そこで、アメリカ型保険システムの目的は何か調べてみた。以下が答え。

・保険会社や製薬会社が儲けるため

・国民に医療を受けさせないことで、病気の蔓延を促進させ、社会を不安定化させるため


この2つである。

また社会を不安定化させる理由は世界変革のための布石であろう。以下の順番で行くと予測。

1.医療保険が崩壊した所に、ウイルスをバラ撒く。

2.ロクに医療も受けられず、人がバタバタと死ぬ。人口削減に寄与。

3.それにより無政府状態。暴動や内乱が起こる。

4.その影響で経済が崩壊。ドル崩壊⇒ポンド崩壊⇒円崩壊とドミノ倒しで進む。

5.史上最大の世界大恐慌が発生。

6.全て流通がストップし、世界的な食糧危機・エネルギー危機へ。

7.大混乱の末に世界革命か世界大戦が起こる。

8.世界はリセット。

9.リセットされた後に登場するのが・・・


imagesCAP9WS9S.jpeg


(参考)
マイケル・ムーア監督の映画「シッコ」が米国医療保険の実態を暴露している。

スマイルBEST シッコ スタンダード・エディション [DVD]スマイルBEST シッコ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/10/23)
マイケル・ムーア

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

ねじめびわ茶
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人

シス

Author:シス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
人気ブログランキングへ  
最新記事
リンク
ブログ記事内の検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
大地を守る会
PR
PR2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト